テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  スペシャルドラマ >  黒澤明ドラマスペシャル「野良犬」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

黒澤明ドラマスペシャル「野良犬」

えー、またしても黒澤明の名作のリメイクです。

過去には「天国と地獄」「生きる」と放送されましたが
がっかりした覚えがある。

まあ、その物語自体に力があるんで
普通にドラマとして観たら、良く出来てはいたんですが
なんせ、元があの黒澤の大名作ですからね。

どうしても比べちゃいますよ。
そりゃあ、どんなに頑張っても無理です。

元々が無茶な企画なんですが、やっちゃうんだなーどういうわけか(笑)

で、今回はというと
もうこれも名作で、大好きな作品である「野良犬」だとー
又無茶なことを・・・
と思いながらも、なんとなく観たんですが・・・


「野良犬」

出演:江口洋介、永瀬正敏、広末涼子、中村獅童、柄本佑、
   ミムラ、大杉漣、嶋田久作、でんでん ほか
 

原作:黒澤明監督作品 映画「野良犬」 脚本:黒澤明、菊島隆三

脚色:池端俊策  音楽:仲西匡

監督:鶴橋康夫


刑事・村上翔一(江口)はバスの車内でうたた寝をし、拳銃をすられてしまう。それをきっかけに、中学時代の同級生の柳下銀次(柄本)、重山浩介(獅童)と再会。裏社会とも通じている重山は、拳銃を回収する代わりに、村上のかつての親友・遊佐英(永瀬)を捜してほしいと持ちかける。手がかりを求め、村上は遊佐の妹・アキ(広末)を訪ねるのだが…。


nora.jpg


始まってすぐに、こりゃあ黒澤の「野良犬」じゃあないな、
とすぐに感じた。

まず主人公は新人刑事だったはずなのに、江口洋介って・・
この時点で、もう話の大元が崩れてきちゃう。

で、思った通り、映画と同じなのは
「刑事がバスの中で拳銃を盗まれる」
この設定だけで、他は全く別物でした。

おいおい、いくらなんでもこれはリメイクとは言わんだろう。
黒澤明ドラマスペシャルってあるのに、そりゃあないだろう。


黒澤の「野良犬」といえば、戦後間もなく復員してきたばかりの
新人刑事・三船敏郎が、ベテラン刑事の志村喬と盗まれた拳銃の捜査をしていく過程で
同じく復員兵の犯人と新人刑事を対比さることで、
戦後の世相そのものをあぶり出し、善と悪の構図を見事に描いた不滅の名作であります。

その捜査過程や警察の描き方、あるいは二人組の刑事というバディ形式など
後の刑事ドラマの基礎となってます。

norainui.jpg


特にラストの犯人と三船の対決シーンでは
近くの主婦が弾くピアノ、幼稚園児などが挿入され
美しいピアノのメロディーをバックに行われる格闘シーンは
今でも忘れられません。

で、今回のドラマ、そんな映画の要素は微塵もない。
マルっきりの新作脚本のドラマでした。

何なんだ,黒澤明スペシャルって(笑)


norai.jpg


ただですね、私、最後まで非常に面白く観ました(笑)
ずっと観入っちゃいました。

単純に、すごく良く出来た一級のハードボイルドドラマです。
これって、例えば大沢在昌、志水辰夫、香納諒一当たりの作品が
原作っていわれても全然違和感がない。

拳銃を盗まれた江口洋介が、
少年時代の友人達との過去を思いながら
悩み、苦しみ、戦う様は、まさしくハードボイルド小説の主人公でした。

そしてそれに絡む、大杉連たち刑事。
まさに悪役の中村獅童。
華を添える幼馴染のジャズシンガー広末涼子。
そして、犯人役の永瀬正敏。

どれもが、見応え十分でした。
ただ、難をいえば、同じく幼馴染のスリ役の柄本佑
うまい芝居でしたが、まあ若すぎるだろう。
子供ほどの差がある江口洋介と友達といわれてもね(笑)

まあ、気になるのはこれぐらいで、
久々の重厚な大人のドラマを観ましたね。

norain.jpg


特に中学時代の関係性が、中年になっても生きているというのは
オッサンが観れば、感情入っちゃうよね(笑)
こりゃあオッサン泣かせのドラマだわ。

別に、特別なストリー仕立てでもなけりゃあ
サスペンス色が強いわけでも、アクションシーンが多いわけでもないのに
これほど良いのは、まさしく丁寧にじっくりと作っているからでしょうね。

見ていて、役者の演技も演出も、あー手抜きだなーと思うところがない。
しかも脚色の池端俊策が、もうベテランの上手さで
登場人物たちの内面まで、じっくりとそれでいて飽きさせないように
描いてあるんで、少しもダレたところがない。

norainu.jpg


ベテランの鶴橋康夫監督、池端俊作脚色、そして達者な役者たち
作り手側が、本気でドラマ作りをしたら
こういうドラマを、今だって作れちゃうんですよね。


それを大人の事情でしてないだけで(笑)

うーん、こりゃあまさに、今はドラマのテレビ朝日だなー(笑)


ただ、黒澤明スペシャルとしてする必要は絶対ないよね。
映画をリスペクトした新作です、で十分でしょう。










ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ

[ 2013/01/20 01:17 ] スペシャルドラマ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替