テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  スペシャルドラマ >  金田一少年の事件簿 「香港九龍財宝殺人事件」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

金田一少年の事件簿 「香港九龍財宝殺人事件」

えー、今さらですが私は中年のオッサンでありまして
当然のごとく、今の漫画やアニメは詳しくはないです。

しかし、いくらなんでも「金田一少年の事件簿」ぐらいは知っている。

というより、以前の漫画も
堂本剛が主演のドラマも結構好きで見てました。

まあ、元々ミステリー好きなもんで
そういうところにも、喰いついてみたという感じですが(笑)

漫画の方は、トリック等はチープでパクリもあるんですが
少年漫画なんでね(笑)

で、それよりもドラマの方が印象深い。
基本は原作漫画に忠実なのに、漫画よりも良い、という
まあ今じゃあ考えられんような(笑)ドラマだったね(笑)

そういうこともあって、今回、8年ぶりにドラマ化されたというんで
観てみました。
ほとんど、こりゃあオッサンが観るもんじゃあないんだろうな・・
という予感はあったんですがね(笑)



金田一少年の事件簿
「香港九龍財宝殺人事件」


出演:山田涼介 川口春奈 有岡大貴 ウーズン V.I 桐谷健太 
   矢野浩二 小松拓也 福本幸子 畠山彩奈 水田航生
   ビビアン・スー(特別出演) エリック・ツァン

原作:天樹征丸  漫画:さとうふみや(講談社)
脚本:天樹征丸  主題歌:「ミステリー ヴァージン」山田涼介(ジェイ・ストーム)
チーフプロデューサー:神蔵 克 大平 太
プロデューサー:櫨山裕子 内山雅博(オフィス・クレッシェンド)
演出:木村ひさし


香港で開催される世界的なファッションショー「東京ガーリーモード」のメインモデルが行方不明になり、モデルと瓜二つの美雪(川口春奈)に代役の依頼が舞い込むことから物語は始まる。
香港に降り立った金田一一(山田涼介)、佐木竜二(有岡大貴)らはショーまでの間に香港での観光を楽しむが、その最中に美雪が誘拐されてしまい、直後、携帯に「けいさつにいえばおんなのいのちはない」とメッセージが届く。メールには美雪の写真が添付され、しばらくすると血まみれの死体の写真に変わった。そして画面には「毒龍」という文字が…。その後、一同は凄惨な連続殺人事件に巻き込まれていく…。
事件の裏には20年前に消えた“九龍財宝”が関わっているのか? 果たして事件の真相は? 一は無事、美雪を助け出すことが出来るのか?



imagesCAREAXUY.jpg



うーん、やっぱりオッサンが観るもんじゃあなかった(笑)

まあ、アイドルや漫画が好きな中高生や、ライトコミック何かが好きな子達
が週末に楽しむのには、お手頃なドラマですね。

じゃあ、何で最後まで観たんだ?ですが
あまりの荒唐無稽さについ、ツッコみながら観てしまったのと(笑)
もう一つの要因が・・これは後で書きます。

まず言いたいのは、
なんで、この内容のものを大げさに「日本テレビ開局60周年記念ドラマ」
などとしたのか・・・
普通に2時間ドラマとしてやりゃあいいもんを(笑)

しかもオッサンには苦痛だったのが
知ってる俳優が4人しか出てない(笑)
後は、誰だ?これ~状態で(笑)

主演の山田涼介、この子は何か見たことある(笑)
確か、以前にマザコンのドラマでも主演をやっていたような・・
ただジャニーズの「Hey!Say!JUMP」って、オッサンが知ってるわけない(笑)

ただねー、よく健闘してましたよ。
少々美少年ぽくて、原作のイメージや、あの堂本剛に比べられるのは
可哀想ではあります。
原作や、堂本剛の様なコミカルなとぼけた感じを出すのは無理がありますね。
もっと彼にあった新しい金田一をやらしてやりゃあいいのに・・と思ってしまった。
まあ、オッサンなんでつい父親目線で若い子には甘くなるな(笑)


kinnda.jpg


後は知ってるのは、桐谷健太、ビビアン・スー、そして
なんとあの「インファナル・アフェア」のエリック・ツァンが
出てたのは、びっくりした・・・勿体ねーなこんな役じゃあ(笑)


で、他の台湾の役者やその他は、みーんな知らん(笑)
しかも台湾の役者だけ吹き替えって(笑)違和感バリバリだろー

で、肝心の美雪役の女の子もなー、歴代の美雪役の女優と比べては
あまりにも知らなさすぎる(笑)
それともオッサンが知らんだけか?それならしゃーないが(笑)


imagesCA5DK707.jpg


で、肝心の話が、もうツッコミどころだらけで(笑)
これはこれで楽しんだんですがね。
ネタバレになるんで詳しくは言いませんが
それにしても、九龍の財宝の本当の正体がアレで(笑)
それを、何故か台湾の刑事だけで探してる?そんなバカな-
で、なんで台湾の刑事が香港警察を指揮できるんだ?(笑)
大笑いです(笑)楽しんだ-(笑)
もう、こんなツッコミどころばっかりでした。


肝心のトリックに至っては、もうお粗末も良い所で
大ネタのトリックなんて、完全に島田荘司の影響丸解りでしたね。

まあ、原作者で今回脚本まで書いてしまった天樹征丸は
漫画のトリックで、島田荘司の「占星術殺人事件」のトリックを
丸ごとパクルという情けない奴なんで、しょうがないですが(笑)

古今東西、ミステリーのトリックなんて、以前の焼き直しがほとんどですが
どこか工夫してるもんですが、この人はそのまんまなんでね(笑)
少年漫画の原作だから許されてるようなもんで・・

ですから、今回もあー又かーてなもんですな(笑)


kinndaiti.jpg


でも、私は最後まで観ちゃったんですよねーこれが。
その最大の理由は、きわめて個人的な趣味でして、

ビビアン・スーがいい女になってた!これだけです!

いやー、今37歳ですか・・・
私の大好きなアラフォーじゃあないですか(笑)
やっぱり女はこれぐらいの年齢からが一番いい(笑)

後は、オッサンにはしんどいけど、ツッコみながら観ちゃったドラマでした。


うーん、やっぱり「金田一」は
堂本剛主演、堤幸彦監督のあの雰囲気で、連ドラ1時間枠。
これが最もピッタリ合うなー、と再認識しました。


主演の山田君、頑張ってたんですけどねー、惜しいなーという所です。

ただ、これをアジア各地で同時放送したそうですが・・・
無茶なことをするなー
せめて、アジア各地のお子様向けとして放送してほしいもんだ














ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ



[ 2013/01/13 03:15 ] スペシャルドラマ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替