テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  相棒 >  相棒11 元日スペシャル「アリス」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

相棒11 元日スペシャル「アリス」

皆さん、明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。


さて、今年最初に取り上げるのは
毎年恒例となりました、ドラマ「相棒」の正月スペシャルです。

まあ、作品のクオリティについては
いつも高い水準を維持しているこのシリーズなんで
どのドラマを観るよりも期待してしまいますね。

で、今年はというと
例年とは違うテイストの、まあ異色と言っていい作品となってました。


相棒11「アリス」


出演:水谷豊 成宮寛貴 鈴木杏樹 真飛聖 石坂浩二 川原和久 
   大谷亮介 山中崇史 山西惇 六角精児 小野了 片桐竜次
   波瑠 滝藤賢一 藤田弓子 中原丈雄 酒井和歌子


演出: 和泉聖治  脚本: 太田愛


右京(水谷豊)は、ロンドン在住時代に知り合った古い友人・朋子(酒井和歌子)が亡くなったと連絡を受ける。彼女が死に際に残した「ヒナギクじゃなかった…。茜が危ない」という言葉の真相を調べるため、朋子の親族である茜(波瑠)の元へ向かう。そこで右京は57年前に起きた朋子の曽祖父が経営するホテルの火災事故と、高校時代の朋子の友人・瑠璃子(広瀬アリス)の失踪事件までさかのぼって調査することに。さらに警察が抱える闇の組織など、数々の困難に立ち向かっていく右京。現在と過去に起こる事件の解決に奔走する右京と享(成宮寛貴)は、無事事件を解決することができるのか…!?


20121230dog00m200024000c_450.jpg


う~ん、このシリーズには、刑事ドラマとしては
異色な話が度々登場しますが、今回もその一つでした。

なにか、海外のゴシックミステリー
例えばイギリスの作家、ロバート・ゴダードのような色合いを
感じましたね。

杉下右京や甲斐享ではなく、その家に関係する青年なんかが主人公で
過去の事件を調べるうちに、現在の事件に巻き込まれていく。
で、その裏には歴史の闇が関係している・・・
あー、まさしくゴダードの世界だ。
しかも結構昔ながらの正統派ミステリーの手法が
随所にみられる。

そう、これはドラマというよりは、小説にした方が
より面白そうな話なんですよ。



なもんで、例年の「相棒」の正月特番にみられる
テロや誘拐といった事件の派手さとは無縁です。
したがって、好き嫌いがはっきり分かれる話ですね。

002.jpg


この手のミステリー好きには面白くても、
刑事ドラマの相棒が好きな人には、今一つでしょう。


私ですか?もちろん前者です。
古典的ミステリー小説何か大好きですし、ゴダードも好きですし。
というよりこういった作風のミステリーをドラマにした。
このことにまず、賛辞を送りたい。
「相棒」にしか、こんなのを正月特番ではできないですよね。

ただ、えてしてこういう作品に共通するのは
中盤がどうしてもだれてしまうことです。
事件絡みの過去をどうしても追いかけるんで
サスペンス要素や派手なアクションがない分、間延びしてしまうのは
しかたないんですよね。

しかも肝心のヒロイン役。
私は全然知りませんで(笑)誰?この女優ってもんで(笑)
で、あまり個性的でもなく、魅力もあまり感じなかった。
そのせいもあって、中盤がより間延びした感は否めない

普通は、有名どころを持ってくるんでしょうけどね。
まあ、こういう配役が成立しちゃうのも相棒だけでして
他のドラマじゃあ、まあ考えられない。
それでも、もう少しキャスティングを考えてほしかったね。

aibou.jpg


それでも、57年前の少女の失踪とホテルの火災の裏にある
華族の隠し財産、そして警察庁誕生の係る秘密文書など
「相棒」らしいケレンミも入っていて、私は楽しめました。

ラストで杉下右京・水谷豊によって明らかになる
真相によって、アリスー永遠のお茶会ー時間が止まったままの世界
とつながるのは、
この脚本家・太田愛の女性ならではの感性でしょう。
そういえば、この脚本家は、小説も書いてますんで
この話も小説的なのも納得がいきますね。


57年前の少女たちの描写も、セピアがかった画面が効いていてよかった。
特に失踪した少女役の女優のラストの演技に惹かれました。
なんていう女優なんだろう、と調べたらなんと
広瀬アリスという女優でした。
名前がアリス・・偶然かそれとも名前で選んだかは知りませんが(笑)

3ff0003dae1ac8c8cea881fb33d4c63e.jpg


後気になったのが、今回登場した
甲斐亨・成宮寛貴の同期の婦警。
名前はど忘れしましたが(笑)途中で柔道3段の腕前でアクションを披露してくれました。

今後、準レギュラーとして度々登場してくる予感がします。
というより、恋人役の真飛聖はいらないから(笑)
最初から彼女を絡ませれば、もっと甲斐亨・成宮寛貴のキャラが
活きたのになーと思ってしまった。


まあ、いろいろ書きましたが、「相棒」は別格ですね。
もう、正月のドラマはこれだけでいいや(笑)









ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
[ 2013/01/03 02:41 ] 相棒 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替