テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  スペシャルドラマ >  土曜プレミアム・大型ミステリー特別企画「再会」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

土曜プレミアム・大型ミステリー特別企画「再会」

出演者につられて観てしまいました。

しかも、この手のミステリーは大好物で(笑)


江口洋介、常盤貴子、堤真一、香川照之の共演で
原作は江戸川乱歩賞受賞作、横関大の「再会」
うーん、原作読んでないんでどうしようかと思ったんですが
このキャストじゃあ、やっぱり観てしまうでしょー(笑)


ただ、こういうミステリーはかなり当たり外れも多いのも事実でして、
良質ミステリー小説のドラマ化ということで飛びついて
がっかりした経験も何度もあります。

今回のはどうかというと・・・


「再会」

imagesCA8Y9ZQJ.jpg


出演:江口洋介、常盤貴子、堤真一、香川照之、長澤まさみ、
   北村有起哉、神保悟志、加藤清史郎、相沢紗世、
   杉本哲太、北村総一朗ほか


原作:横関大(第56回江戸川乱歩賞受賞作)「再会」(講談社)

脚本:橋本裕志

企画:成河広明  プロデュース:清水一幸

アソシエイトプロデューサー:小倉久雄 演出 石井祐介



27年前、小学校6年生の飛奈淳一(江口洋介)、岩本万季子(常盤貴子)、清原圭介(堤真一)、佐久間直人(香川照之)は同じ剣道部仲間として常に励まし合い友情を育んできた幼なじみだった。
小学校卒業間近のある日、4人はある事件に巻き込まれ、大きな秘密を共有する。その日を境に彼らの人生は大きく変化していくことになる。悲しい運命の始まりだった。
それぞれの境遇の中で成長した4人は、27年を経てある殺人事件を機に、望んだことではないながらも再会を果たす。しかも4人の中に事件の容疑者がいるかもしれないという…。捜査が進むうちに驚くべき事実が、悲しい真実が明らかになっていく。
4人の再会は一体何を生み出すのか…。


imagesCAOVOD1C.jpg


殺人事件の背後に、共通した子供時代の過去が隠されていた・・・
なんていう設定は、ミステリー小説やドラマには
結構良くあるパターンではあります。

で、今回のドラマを観て、私が真っ先に思い出したのは「ミスティク・リバー」です。
ショーン・ペン、ケビン・ベーコン、ティム・ロビンス出演
クリント・イーストウッド監督で映画化されましたね。
まあ、これほど強烈じゃあないにしても、少年時代のトラウマという部分で
なんとなく、思い浮かんだ。

後は、以前に江口洋介主演で、稲垣五郎や広末涼子が共演した「トライアングル」
これも、少年時代に殺人事件を目撃したトラウマや事件の新たな犯人
ということで思い浮かんだ。

いずれも、子供の頃の事件がトラウマとなって、
その後の人生が変わっていってしまうのは共通しています。

今回の話も、現在起こった殺人事件がメインですが、
そこには27年前の事件が深く関わっており、それに遭遇した
4人の子供たちそれぞれのトラウマが根底に隠されてました。

で、その4人の子供達が大人になり再会するんですが
その4人を
江口洋介、常盤貴子、堤真一、香川照之が演じてましたが
まあ、それぞれが熱演してまして、見ごたえありました。


それぞれの特色が出た演技は、安定感もあり
なによりこの4人が揃っているだけでも贅沢感はあった(笑)


imagesCAET6SQW.jpg


ただ、勿体ない、この4人出しておいて勿体ない(笑)

なんなんだろーかね、観ている分には
良いドラマだなーとは思うんですが、それだけなんですよね。

4人の演技に気を取られがちですが、ミステリードラマとしては
結構凡庸だったと思いますよ。
ところどころに挟む再現シーンは、もう2時間ドラマのあのパターンだし
なにより全体の緊迫感があまり感じられない。

ドラマ全体が事件の真相に迫っていっている・・という
良いミステリードラマに共通するものが無かったような。

うーん、これは主役級が4人の弊害が出ちゃったんですね。
どれも均等にシーンを割り振った結果、
役者の演技やシーンの単体では良くても、それが連続すると
散漫になる、という特有の弊害です。

うーん、良いミステリーだし、役者も良いし・・だから勿体ない(笑)

まあ、そんな辛口になるのも、キャストの豪華さと大型ミステリーという仰々しさ
にしては少々不満になっているだけで、
ドラマとしては、まあ見応えはありましたよ。

imagesCA7X1Y1A.jpg


ただね、ここからはネタバレしちゃうんで、あまり言いたくはないですが
このミステリーの本当の面白さは、本来の殺人事件ではなく
27年前の事件の真相が、あっけなく(笑)あばかれちゃうことなんですよね。

しかもあばくのが、江口洋介でも、堤真一でも、香川照之でもない。

なんと、私一押しの北村有起哉でした(笑)
メインキャストではない人物が、本当の探偵だった・・

これが一番の面白さで、しかもその人物の背景が・・・

いやー、これが一番良かった(笑)
北村有起哉、出世したねー、その事も嬉しい。

後は・・・
長澤まさみ、あまりいてもいなくても関係ないような(笑)これも勿体ない。
杉本哲太、最近良い人の役ばっかりだったので、こんな悪役は新鮮だった。
ぐらいか・・(笑)

あーそうだ、常盤貴子の少女時代をやった女の子、どっから見つけてきたのか
雰囲気が少女版常盤貴子だったねー
あの、キリリとした目力は、少女の目力ファンのオッサンとしては見逃せない(笑)


最後の最後で、アホなこと書きまして失礼しました(笑)




【送料無料】再会 [ 横関大 ]

【送料無料】再会 [ 横関大 ]
価格:1,680円(税込、送料別)







ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
[ 2012/12/09 01:51 ] スペシャルドラマ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替