テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  2012・10~12月 >  「PRICELESS ~あるわけねぇだろ、んなもん!」第7話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「PRICELESS ~あるわけねぇだろ、んなもん!」第7話

えー、今期のドラマも、そろそろ終盤に差し掛かってますが
まあ、いつものことで、どれもいまひとつ。

私が観ているモノなんか、リアルタイムで観るものは
三つぐらいしか残ってない。

でも三つもあるのは今期はいつもより良かったということで。
なんせ前クールなんか、全滅でしたから(笑)

で、その中でも、必ずオンエアで観てるのが
木村拓哉主演の「PRICELESS ~あるわけねぇだろ、んなもん!」であります。

月9で、キムタク主演、オッサンが喰いつく要素はない(笑)
多分いつもならスルーしてたでしょうね
でもねー、なんか観ちゃうんですよね、これが。
楽しみだったりする(笑)うーん困ったもんだ


「PRICELESS ~あるわけねぇだろ、んなもん!」第7話

出演:木村拓哉、中井貴一、香里奈、藤ヶ谷太輔、蓮佛美沙子、
   升毅、前田旺志郎、田中奏生、イッセー尾形、藤木直人、
   夏木マリ、香川照之 ほか

脚本:古家和尚  演出:鈴木雅之、平野眞

プロデューサー:牧野正、村瀬健

主題歌:The Rolling Stones 「Jumpin' Jack Flash」


「ハピネス魔法瓶」を立ち上げた二三男(木村拓哉)だったが、大量の売れ残りに肩を落とす。しかし、新聞記者の能見(香川照之)が魔法瓶の驚異的な保温力に目を付けて記事にしたことから、魔法瓶は飛ぶように売れ始める。だが、今後の戦略について、二三男と彩矢(香里奈)の意見が次第に食い違っていく。


imagesCAHDRZ1Z.jpg


これ、当初は木村拓哉がホームレスに!
というので話題になって、ドラマもそれを中心に進んでました。
で、最後には冤罪も晴れて、会社に戻りハッピーエンド・・・
となるだろう、と勝手に想像してしまいました。

誰がこんな展開予想できますか。

何で魔法瓶作ってんだ?(笑)何でこんなにうまくいくんだ?(笑)
・・・うーん分からん。

分からんけれど、見ていて気持ちが良いのは確かです。
なんか元気が出る。


そりゃあね、出来すぎの話ですよ。
展開にリアリティなんかありゃあしないし、
見方をちょっと変えて、クールにドラマを見ると
ご都合主義が過ぎて、一歩間違えりゃあ悲惨なことになる。

ただ、その辺りのさじ加減というか、ギリギリのところを狙っていて
それがうまく嵌っている。
偶然か、計算かは分かりませんが、このまま行ってほしいです。

とにかく、ドラマにおいて木村拓哉は木村拓哉ですね(笑)
職業や背景なんかは変わっても、役柄の本質はなーんも変わってない。
少し前までは、変えようとはしていたんでしょうが
この頃じゃあ、もう開き直っているんでしょうか、
ひたすら「皆のキムタク」を演じています。


kimutaku.jpg


で、色々批判もあるでしょうが、このドラマなんかを見ると
正解だ、と言わざる負えない。
何で木村拓哉は許せるのか、こんなご都合主義のドラマが許せちゃうのか・・・
考えていたら、これまでの有名な作品を思い出しました。

それは渥美清の「寅さん」であり植木等の「無責任男」であり西田敏行の「ハマちゃん」
なんですよね。

もう、それぞれがそれこそお約束だらけの話で、「無責任時代」のうまくいき具合ときたら(笑)
このドラマ以上のご都合主義です。

でも、それでなきゃあいけないし、それでこそ面白い。
形の決まった安心感とでもいいましょうか。
伝統芸の域といいましょうか。
とにかく観ている者は、寅さんや、ハマちゃんや、無責任男というものはこうでなきゃあ
というものを見て楽しめる訳で。

で、キムタクは、どんな場合でも「HERO」であるという安心感で
これらのキャラクターに並ぶ、今では希少な存在となってしまった。



なもんで、このドラマも「キムタクのHERO」を楽しむためには
この出来すぎた内容でないといかんのですよ。
本当にリアリティ求めて、ドロドロぐちゃぐちゃになった木村拓哉なんか見たいと思わんよ。


price.jpg


えー、なんか話がそれて「木村拓哉論」のようになっちゃいましたが
このドラマには、もう一つの主役がいまして。

それはもう、中井貴一の存在につきます

このところすっかりこういう情けない中年男が嵌ってまして(笑)
おまけに、このグズグズぶりと、木村拓哉なんかとの会話のテンポの良さは
あの「最後から二番目の恋」の観光課の課長とダブってしまうほどで。

それが、ひたすらカッコイイ木村拓哉との対比で
いいコンビぶりを見せてます。
うーん、同世代の中井貴一、オッサンは今一番好きな俳優です。


今の時代、夢のような話ですが、
かえってそれが観ていて気持ちいい。
こんなファンタジーもあっていいですよね。

うーん、できれば今後も余計なことはしないで、この調子で
ラストまで行ってほしいもんです。




【送料無料】南極大陸 DVD-BOX [ 木村拓哉 ]

【送料無料】南極大陸 DVD-BOX [ 木村拓哉 ]
価格:17,955円(税込、送料別)









ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替