テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  福田麻由子 >  ドラマ再見「ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏」(天海祐希、福田麻由子)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドラマ再見「ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏」(天海祐希、福田麻由子)

福田麻由子の以前の出演作を探して、
「ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏」をみた。

イヤー泣いた、久々の号泣だった。

余命OO月物というのは、パターンが決まっていて
またかという思いの方が先で、感情移入しにくいのだが、
このドラマはその考えを見事に裏切ってくれた。

内容はタイトルどうりで、余命3か月の主人公が
離婚して別れた娘に、人生の最後に何を残していけるかを
母と娘の関係を軸に丁寧に描いている。

絶対おススメ


ありがちな入院~告知~最期を看取る、という形を取らず
入院の前日に娘に告白するところで終わっているのが新しく、
余韻のある終わり方になっている。

俳優陣も魅力的で、天海祐希はいつもと違い、娘に戸惑い
死に苦悩する弱さを見せる主人公を好演している。

元夫役の佐々木蔵之介も優しくこどもっぽい役を熱演、
娘への愛情を全身で演じていてうまい。

永作博美も相変わらず存在感のある演技で、天海との2人のシーンは
みごたえがあった。

福田麻由子はこの当時まだ10歳ほどで、
初めてといっていい本格的なドラマ出演となるが、
この当時からその目力はすごく、そのツンデレぶりや、泣きの演技の見事さは
のちの作品(女王の教室、白夜行)につながる。

これが彼女のルーツなんやな・・

今年の「Q10」のクールな役を見て、この作品を見ると
なんか娘の成長を見ているみたいで、(成長したところと変わらないところ)
おじさんはそれだけで感動してしまうんや・・・


ランキング参加中よろしければ
 ↓
[ 2010/12/29 21:30 ] 福田麻由子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替