テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  2012・10~12月 >  日曜劇場「MONSTERS」第1話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日曜劇場「MONSTERS」第1話

最近かなり当たり外れの多い「日曜劇場」です。

というより前宣伝や話題性で、煽るだけ煽って
中身にがっかり・・・というのが主で。

まあ、ぶっちゃけていえばSMAP絡みなんですけどね。

木村拓哉の「ミスターブレイン」「南極大陸」
中居正弘の「ataru」なんかは、
そこそこよくできた見れるドラマなんですが、
その前の、それこそ局の社運を賭けてるかのような前宣伝と
期待感の煽り方が半端じゃあないんで、
まあ、その割にはもう一つ・・という印象を持ってしまう。

ただの一ドラマとしてだけ見れば、良く出来てるだけにもったいない。


で、今回もジャニーズ、SMAP絡みのドラマです。

しかも香取慎吾、山下智久と、二人が主演となると
期待感の煽り方も相当なもんで・・・

で、今までの法則のようになりますかどうか・・


「MONSTERS」第1話


出演:香取慎吾、山下智久、柳原可奈子、遠藤憲一、蕨野友也、
   菊田大輔、肥野竜也、白石朋也、日中泰景、
   武田鉄矢、高島礼子、岡田義徳、加藤夏希、団時朗、角替和枝、他


脚本:蒔田光治  演出:福澤克雄、平野俊一、大澤祐樹

プロデュース:石丸彰彦、高橋正尚、阿部謙三

主題歌:The MONSTERS 「MONSTERS」(ビクターエンタテインメント)



超セレブの御曹司で、純粋で真っ直ぐな新人刑事・西園寺公輔(山下智久)と、セコくて姑息、警視庁イチの変わり者刑事・平塚平八(香取慎吾)の“デコボコ”コンビ刑事が繰り広げる痛快ミステリー。
コンビを組むことになった平八(香取慎吾)と西園寺(山下智久)の最初の事件は、財界にその名を轟かせる企業グループの会長・徳平國男 (団時朗) 殺人事件。平八は犯行に使用された凶器に目を付け、犯人にあるワナを仕掛ける。西園寺は平八に翻弄されながらも、事件を解くカギへと導かれていく。




monsuter.jpg


うーん、いくら「相棒」が凄いからと言って
ここまで、露骨にパクらなくても(笑)

そりゃあ、キャラクターを変えてますし、香取慎吾のこの刑事と
水谷豊の杉下右京とは、まるっきり違いますが
ほとんどの人が、こう感じると思いますよ
「ほとんど「相棒」じゃん」(笑)


まあ、古くは松田勇作・中村雅俊の「俺たちの勲章」(懐かしすぎる!)
舘ひろし・柴田恭平の「あぶない刑事」から、
最近じゃあ小栗旬・水嶋ヒロのやつ(題名は忘れた)まで
刑事ドラマに、バディ物は定番ですから、一概には言えんでしょうが、
ここまでだとね・・・

警視庁の、組織からはみ出した変り者だが、推理力は抜群の警部。
かたや、その警部を監視するために配属された若手刑事(まるっきり
及川光博の神戸尊だ)。
ドラマの内容は、本格ミステリーの謎ときが主。

「ほとんど「相棒」じゃん」(笑)



で、香取慎吾であります。
うーん、この人本当にどこに向かってるんだろう(笑)

普通にしてりゃあ、というかわざわざ、大げさなキャラを作らなくても
十分役者としてやっていけるだろうに。
このドラマの刑事役も、これまでほどじゃあないにしても
慎吾ママ、孫悟空、ハットリくん、亀有の両さん、この系譜に連なるものです。

うーん、そうしないと存在感を維持できないというわけじゃあないだろうに。

で、今回も初回を観てだけなんで、早計かと思いますが
キャラの作られ方が、ぶっちゃけていえば、ざーとらしい(笑)
なんか、「スマ・スマ」のコントを感じてしまう。


私の中で、この印象を払しょくすることは、なかなか難しいね。


で、相手役の山下智久。
この人、どうしちゃったんでしょうかね。
以前は良い役者になりそうなイメージがあったんですがね。
「野ブタをプロデュース」、「クロサギ」なんか良かったんですがね。

なんか、今回の役は無理やり感があって、しんどいキャラです。
で、変な受けを狙って、恋人役が柳原加奈子って・・なんでこういうことするかね。
この人も、ちゃんとマネージメントしてくれる人がいたら
良いほうに向かうと思うんですが、今回はちょっと辛いですね。


monster2.jpg


で、肝心の内容は、まあ普通の本格ミステリーでした。

事件そのものには、目新しさも工夫もない代わりに
テレビドラマとして、ちゃんとしていた(笑)
まあ、初回ということで張り切ったんでしょうが、
武田鉄也、高嶋礼子なんかが出る必然性は全くない(笑)
通常ならば、一時間で片が付く事件です(笑)

そこに香取慎吾のざーとらしい(笑)キャラや、山下智弘の
意味不明な(笑)ナレーション、
遠藤憲一ら捜査陣をひとくくりにギャグにしてしまったり
かなり独りよがりなこれ見よがしの映像(ミスターブレインで懲りてないのか)
等々・・
およそケレン味ともいえないものを、おおげさにして
2時間にしてしまった(笑)

なもんで、実際にドラマとして観れるのは次回からでしょうね。


monster3.jpg


ただ、この脚本の蒔田光治、同じドラマでも当たり外れがあるんで
どうなんでしょうかね。
それにこの人、「トリック」で有名になりましたが、
ミステリーとしては凡庸な話しかできませんけど・・・

でも個人的には、この手のミステリーは好きな方なんで
後は、ざーとらしいキャラが馴染んでくるかという問題ですね。
事前の煽りさえなきゃあ、週末に観るドラマとしては、及第点ですよ。

まあ、裏のドラマがあれなんで(笑)視聴率はいいんじゃあないですかね。


後は、タイトルの「MONSTERS」・・・これは何を指してるのかが意味深で。
犯罪者たちのことを言ってるのか・・
もし、香取慎吾と山下智久のこの刑事二人のことなら、
キャラ設定からなにから初めからやり直さないといかんだろう(笑)










ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替