テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  2012年7~9月期ドラマ >  「サマーレスキュー~天空の診療所」第3話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「サマーレスキュー~天空の診療所」第3話

今期のTBS「日曜劇場」は
向井理主演の「サマーレスキュー~天空の診療所」

標高2500m超えという、厳しい環境に実在する小さな診療所をモデルに、
診療所とそれに隣接する山荘を舞台に繰り広げるひと夏の群像劇・・・

だそうだ。

で、始まってから3週間・・・録画してあっても
全然観なかった(笑)

何かあまり観たい!という気にならなかったんですが、
今日、録画分の1話2話と、第3話を観ました

うーん、僻地での医療ドラマといえば、
どうしても思い出してしまうのが、あの名作
「Drコトー診療所」でして、ましてや時任三郎なんかが出てるもんで
どうしても、比較してしまうんですが

まあ、当然のことながら、全く別もんでしたね(笑)

ただ、俳優は好きな人ばかりなんで期待したんですがね・・・


「サマーレスキュー~天空の診療所~」第3話

出演:向井理、尾野真千子、小池栄子、本田望結、笹野高史、
   佐藤二朗、松重豊、時任三郎ほか

脚本:秦建日子
演出:日比野朗

母・悦子(中田喜子)の腹部に大動脈瘤が見つかったと聞いた速水(向井理)は、下山し、明慶大学病院に向かう。倉木(時任三郎)から手術は困難だと聞かされるが、手術をしてほしいと懇願。一方、診療所では発熱の患者が来るが、医師がいないため薬も出せず、遥(尾野真千子)は無力感にさいなまれる。

imagesCA7NYCIV.jpg

えー、3話分もあれこれ書いてると、長くなりすぎるんで
まあ、ざっと見た感想なんかを書きますが、
まず、惜しいなーというのが正直なところです。

設定なんかいいんですよ、標高2500以上の地にある診療所。
そこに赴任する、大学病院の若きエースと呼ばれる医師。
そこで繰り広げられるドラマ・・・

何かそそりますよね(笑)

で、その医師には、今が旬の向井理。
元看護婦の訳ありな山荘の娘に、「カーネーション」の尾野真千子
他に、時任三郎、小池栄子、笹野高史、
おまけに「家政婦のミタ」の本田望結ちゃん(笑)
とくれば、まあ文句ないでしょう・・

ああ、それなのに・・(笑)

何か散漫というか、一本芯が通ってないというか・・

たぶん、制作も、脚本も、演出もこの題材で
このキャストで、あれもやりたい!これもやらなきゃ!こんなのもいいな!
などと詰め込みすぎなんでしょうな。

これ、話が全然違いますが、
木村拓哉主演の「南極大陸」の症状に似た感じがします(笑)
あれも、大作という事であれもこれも詰め込み過ぎて終わりましたが、
まあ、「南極大陸」ほどじゃあないにしても(笑)
スタッフが意気込みすぎなんでしょうな(笑)

はっきりいいますと、山が舞台なんですから
まずは自然!雄大な風景!そしてその厳しさ!
それをもっと前面に出すだけで、大分印象が違いますよ。
それが少し物足りませんね。


reskyu.jpg

そして、登場人物なんですが、まずは尾野真千子の元看護婦。
たぶん、これ初回観た多くの人が、この女(笑)の
物言いや、詰問口調に辟易するでしょう。

尾野真千子がうまいだけに、その言葉がきついのなんの(笑)

これも、この看護婦が持つトラウマから来てるんですが、
そのトラウマを小出しに出し過ぎ(笑)
出し過ぎなもんで、どうしたってこんな性格、こんな口調で
喋るだろうという先入観で描いちゃってます。

こんなのは、最初は控えて、後から出せばいいんですよ(笑)

それから、今回の向井理の母親(中田喜子・・何気に好きなんですよね(笑))
の手術やその突然の死。
これなんかも、この回でやる必要はないでしょうに。

これは、この話が始まる前のプロローグで足ります。

母親の死に直面した若きエースの医師、子供を見殺しにしたという
トラウマを抱えた元看護士。
この二人が、山の診療所で出会い、どんなドラマが始まるのか・・・

これで初めて、話が始まるんじゃあないですかね。


ですから、何じゃかんじゃ文句は言いましたが
次回から、本当のドラマのスタート・・ということで
今までのはチャラにしましょうかね(笑)

summer.jpg


ただなー、私個人的な考えなんですが、
どうしても、山の診療所に違和感があるんですよね。

まあ、山にはとんと縁がないんで、そう感じるんですが、
登山なんちゅうもんは、そんなリスク抱えてでもやるもんでしょ(笑)

ほとんどの山にはそんなもんは無いし、それが尾野真千子に
「山には医者が必要なんです!」などと怒鳴られても、
「はあ?」っちゅう感じでしてね(笑)

後、これはしょうがないですが、患者多すぎ(笑)
暇じゃあなかったのかよーと思わず突っ込んじゃいそうです(笑)

まあ、これ言い出したら、刑事ドラマで毎週殺人事件起こるのはどうよ?
という事になるんで(笑)いいんですけどね。


しかし、この後大化けする要素もありそうなんで期待します。

向井理は、ここでも、いい意味でのマイペースな感じが良いし
尾野真千子は、今回以降少し柔らかくなれば良くなりそうだし・・

特に小池栄子の看護師は絶品ですし(この姉御的な感じは素晴らしい)
相変わらず時任三郎はドラマに安心感をもたらすし(笑)
本田望結ちゃんは可愛いし(笑)


後は、制作側だけの問題ですな、
さあ、今後どうするんだこのドラマ(笑)





向井理 ムカイオサム / 向井理/FLAT 【DVD】

向井理 ムカイオサム / 向井理/FLAT 【DVD】
価格:3,591円(税込、送料別)





ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替