テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  2012・4~6月期ドラマ >  「鍵のかかった部屋」第7話「今回は、密室が破られません」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「鍵のかかった部屋」第7話「今回は、密室が破られません」

そうそう何回も取り上げるのはどうかと思い、
今回もやめようと思ったんですが・・

いやー、やっぱり面白いんで、
取り上げちゃいます。

ただ、観るのはためらっちゃったんですよね、
なんせ原作が、防犯探偵シリーズの
「狐火の家」で、
私これは読んでないんでね・・

でも、冒頭から面白かったんで、つい・・


「鍵のかかった部屋」第7話

【出演】大野智、戸田恵梨香、吉田鋼太郎、能年玲奈、
     森迫永依、平田満、佐藤浩市  ほか

【原作】貴志祐介  【脚本】相沢友子、 西田光志

【演出】松山博昭、 加藤裕将、 石井祐介


ある村に住む遠藤(平田満)から、築100年の日本家屋で起きた密室殺人を調査することになった純子(戸田恵梨香)は、榎本(大野智)を連れて現場へ。被害者は遠藤の友人・西野(吉田鋼太郎)の娘・愛実(森迫永依)で、西野が警察に疑われるが、遠藤は失踪中の西野の長男・猛(郭智博)の仕業だと主張する。


kagi_20120529010250.jpg


いやー、やっぱり
相沢友子脚本の、何ともいえない間が良いです。

もう、冒頭の佐藤浩市と戸田恵梨香の掛け合いから、
一転して、バス停に座る大野智に移るくだりの
間が抜群でした。
あれで、観てしまったようなもんです(笑)

この作品、密室事件の謎解きの面白さに加えて
佐藤、戸田、大野の掛け合いと、
この何とも言えない間によって、
他にはない面白さがあるんですよね。

モナコのホテルでワインを飲む佐藤浩市と、
長野の田舎にいる戸田、大野とのPCでの会話、
実験室での、空想の模型のくだりの
掛け合いの面白さ、
もう、この三人の何とも言えない間がたまらん(笑)
特に佐藤浩市は絶品です。

kitunebi.jpg


密室事件も、さすが貴志祐介
ナカナカの秀作でした。

あの狐火の正体なんか、ほとんど漫画ですけどね。

まあ原作では、もっといろいろな要素があるんでしょうが、
ドラマとしてまとまってましたね。
この辺りを書いていくと又長くなっちゃいますんでやめます(笑)

で、今回の出演者で目に付いたのが、森迫永依。
「ちびまるこちゃん」の実写版での名子役も
いつの間にかこんなに大きくなって・・
いきなりの死体役はかわいそうですが(笑)

で、もうひとりが吉田鋼太郎。

なんか最近じゃあすっかりドラマづいてますが
元々は蜷川幸雄のシェークスピア劇の
常連役者ですよね。

yosida.jpg


この人、風貌もさることながら、なんといっても
舞台役者ならではの声が良い。
今回も重要な役どころでしたが、
私個人的な感想では、いまひとつかな。

どうも、この人を活かせられるだけの役には
あまり恵まれていないようです。
もっとふさわしい役に会えば、ど嵌りすると思うんですがね。


まあ、とにもかくにも今回も
だれることなく、コンパクトに楽しませてくれました。
こんなに、推理物で良い出来なのは
あの「古畑任三郎」以来かもしれませんね。

まあ、そういえばオープニングなんて、
それなりに意識しているような・・








ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替