テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  雑感 >  東日本大震災から1年たって・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東日本大震災から1年たって・・

あの日、ちょうど仕事中の私は、「なんか揺れたかな・・」ぐらいにしか思わず、

これが、あの大災害を起こした地震の揺れが、

はるか大阪まで届いたものであるなど、ついぞ思いませんでした。


その夜、次々に目に飛び込んでくる

被害の大きさと、津波の凄まじさに、只々呆然とするばかりで

「もう、日本は終わったんじゃあないか」

と感じざる負えませんでした。

福島の原発事故の実態を知るに及んで、より深く、そう感じました。


そして、あるのは、被災者の無事を案ずるぐらいしかできない

己の無力感だけでした。

そう、あの阪神淡路大震災の時に感じたものと同じです。



あれから1年、

その間、政府、東電、マスコミ、御用学者等・・

嘘と虚飾と保身に走った者たちへの憤りは

今も続いています。


あまりにも遅い支援、復興、

追い打ちをかける原発問題、そして長引く不況・・

のたうちまわっているのが日本の現在の姿です。


しかし自分自身を振り返って、何が出来たのか、何が出来るのか・・

と考えると、やっぱりそこには無力感を感じます。


ではどうすればいいのか・・


阪神淡路大震災の時は、被災地が身近だっただけに

今もその記憶が染みついています。

それと同じように、忘れない・・それしかないな、と今は思います。


テレビ、マスコミのいい加減な情報や、都合のいい演出に惑わされず

政府、政治家達の、その場限りの発言に惑わされず、

自分の心で、被災地のことを思い、忘れずに

日々を生きていく・・・

自分のできることをしていく・・


義捐金、ボランティアといった直接的な方法が、

なかなか出来ない自分にはそれしかありません


日本国民の一人として、それぐらいしかできないですが

その思いがあれば、何かしらの復興の手助けをしていることに

なるんじゃあないか、と思うようにします。


身近な人たちとのつながりを感じながら

いつまでも忘れない、そして必ず復興すると信じる、


夜明けのこない夜はないさ・・・
そう信じようと思う。


この曲を、今日は静かに聞きたいです・・・・






ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
[ 2012/03/11 22:21 ] 雑感 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替