テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  2012・1~3月期ドラマ >  「ストロベリーナイト」第9話「ソウルケイジ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ストロベリーナイト」第9話「ソウルケイジ」

いよいよ、最終章に入りました
竹内結子主演の「ストロベリーナイト」

今までは、短編をうまくふくらませて
ドラマ化してきましたが、
今回のは、単行本一冊分の長編「ソウルケイジ」です。

原作を読んでるものとしては、
あの話を、どう映像化するのか楽しみです。

しかし、このところ「ストロベリーナイト」ばっかり取り上げてるなー

まあ、それだけこのドラマが今期では
飛び抜けているという事ですが・・

で、その第9話です。

【出演】竹内結子、 西島秀俊、 小出恵介、 宇梶剛士、 丸山隆平、
渡辺いっけい、 遠藤憲一、 高嶋政宏、 生瀬勝久、
    石黒賢、濱田岳、蓮佛美沙子、手塚里美、大和田獏 ほか
【原作】誉田哲也 【脚本】龍居由佳里、 黒岩勉、 旺季志ずか、 林誠人 ほか
【演出】佐藤祐市、 石川淳一

自動車の下から、成人男性の左手首が見つかる。バラバラ殺人事件として、玲子(竹内結子)と日下(遠藤憲一)の班が合同捜査を行うことに。だが、捜査方針をめぐって玲子と日下は対立する。そんな中、玲子の母・瑞江(手塚理美)が心筋梗塞で倒れたと父・忠幸(大和田獏)から連絡が入る。

imagesCAR88SEH.jpg

始まったばかりですが、もう決めます。

この「ソウルケイジ」
ここ最近のドラマでも、最高ランクになりそうです。

まだ、話の序盤にもかかわらず、
ぐいぐい引き込んでくる、脚本、演出はさすがですね。

ほぼ原作通りに進んでいましたが、
あの原作の出だしのイメージを崩さず映像化していました。

もう原作を読んでしまって結末を知っているんですが
それでも画面を見入ってしまいますね。

それは、竹内結子と遠藤憲一の対立に顕著なように
たえず、ピリピリとした緊張感が画面から伝わってくるからでしょうね。
(ただ、あんな職場は嫌だなー(笑))

のっけから、2転3転していますが、
ここからすごいことになるんですよ・・・

石黒賢、濱田岳、蓮佛美沙子・・うーんいいキャスティングです。
その彼らが、ああなってこうなって・・

あー、誰かに言いたい(笑)


【送料無料】ソウルケイジ

【送料無料】ソウルケイジ
価格:1,680円(税込、送料別)





ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替