テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  2012・1~3月期ドラマ >  「ストロベリーナイト」第8話「悪しき実・後篇」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ストロベリーナイト」第8話「悪しき実・後篇」

残念ながら、オンタイムでは観られなかった
「ストロベリーナイト」

先ほど録画していたのを観ました。

いやー、やっぱり良いわ、このドラマ。

で、第8話は、前回に引き続き「悪しき実」の後篇です。

【出演】竹内結子、 西島秀俊、 小出恵介、 宇梶剛士、 丸山隆平、
    津川雅彦、 渡辺いっけい、 遠藤憲一、 高嶋政宏、 
    生瀬勝久、 武田鉄矢 、木村多江ほか

【原作】誉田哲也 【脚本】龍居由佳里、 黒岩勉、 旺季志ずか、 林誠人 ほか
【演出】佐藤祐市、 石川淳一

死亡した暴力団構成員・岸谷(松田賢二)が利用していた私書箱から、11枚の写真が見つかる。さらに、写っている人物が全員射殺され、いまだに犯人が逮捕されていないことが判明。玲子(竹内結子)は岸谷が殺し屋であると推理し、菊田(西島秀俊)と共に同居人の美津代(木村多江)を捜しに行く。


suto.jpg

何なんでしょう、この観終った後の感覚は。

少なくとも、その辺の連続ドラマでは、味わえないものです。

なんか一本の映画を観た後のようです。

設定は広域暴力団の殺し屋とその情夫という、
文字にしたら陳腐なんですが
良い脚本と良い俳優にかかれば、これだけのドラマになりえるんですね。

これ、殺し屋と情夫を主人公にして
映画化できませんかね。
視点を変えれば、また違った物語になりそうですね。

で、そう感じさせてくれたのは、
なんといっても木村多江につきます。

imagesCAR2UOBN.jpg

いつもは、颯爽とした竹内結子の姫川礼子ですが、
この回の木村多江の前では、霞んでしまいましたね。

あの独白は、本当に凄かった。
ことさら、感情を昂ぶらせることなく、
訥々と話す言葉が、本当に生きていました。

もう、こんな薄幸の女を演じさせれば、
この人の独壇場ですね。

やっぱり幸が薄そうな女っちゅうのは、男には
それだけで惹かれるところがあるんですね。
それが、木村多江のようならなおさらで・・・
ほんと、困ったもんです(笑)


それにしても、竹内結子の姫川礼子と
西島秀俊の菊田刑事のコンビが、ますます良くなってきてますね。

この回でも、姫川をさりげなくフォローする菊田という
構図が、隠し味で効いています。


さあ、次回はいよいよ大ネタの「ソウルケイジ」ですね。

単行本一本分のボリュームの話を
どう料理するかが、楽しみです。






ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替