テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  テレビ番組 >  「朝まで生テレビ」橋下徹大阪市長VS7人の論客

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「朝まで生テレビ」橋下徹大阪市長VS7人の論客

橋下大阪市長と反橋下の論客たちが出るというので、
久しぶりに「朝まで生テレビ」を観ました。

そういえば「朝まで生テレビ」も始まった当初は、
新鮮だったので、よく観たもんです。

大島渚がやたら怒鳴っていたり、野坂昭之がのらりくらり、
西部暹が小難しいことをブツブツと・・・
と出演者も役者がそろっていて、面白かった。

思えば、その頃日本は調子が良かった時期で、
面白半分でいられたから見ていられたんですね。

今の状況では、「不毛なバカな論議をしている場合か!」
との思いが先に立つので、
いまだに能天気に重要な議論を見世物にしようとする
田原総一郎の姿勢が鼻について、観る気もしませんでした。

しかし今回は、反橋下の論客たちに
橋下市長がどう反論するのか興味があったので観たんですが・・・


imagesCAEOTHU3.jpg

司会:田原 総一朗

パネリスト:
橋下徹(大阪市長、「大阪維新の会」代表、前大阪府知事)
山下芳生(日本共産党・参議院議員)
東浩紀(批評家、早稲田大学教授)
池田知隆(元大阪市教育委員長、ジャーナリスト、「どうなる!大阪の教育」編集・著者)
香山リカ(精神科医、立教大学教授、「橋下主義を許すな!」共著者)
薬師院仁志(帝塚山学院大学教授、大阪市民、「橋下主義を許すな!」共著者)
柳本顕(自民党・大阪市会議員)
吉富有治(ジャーナリスト、「橋下徹 改革者か壊し屋か」著者

番組進行:
村上祐子(テレビ朝日アナウンサー)


えっ!「朝まで生テレビ」なのに生放送ではない?
これには正直ガッカリしましたが
現職市長には市政を優先してもらうためにも
テレビでの朝までの討論を避けるのも、まあしょうがないか。

しかし、いやー、面白い見世物を見せていただきました(笑)

見事に”橋下先生の大阪都構想の講義を拝聴する6人の素人”
という構図でしたね。

もっと内容についても書きたいと初めは思っていたんですが、
いいです!もうやめます。
あまりにも大人と子供の会話で、書くことすらバカらしい。

imagestahara.jpg

こりゃ、田原総一郎も途中で、頭を抱えたくなったんじゃあないですかね。

本来はもっとましな人にも出演オファーをしたんでしょうが、
大半が断って、残ったのが今日出演した人・・という事でしょう。

大体が、この人選で、議論になるはずがないんですよ。

政治家やジャーナリスト、元教育長は
まだ、その立場で議論の余地がありそうですが
(実際は、己の勉強不足、無知ぶりを晒しただけでしたが)

自称精神科医(笑)の香山リカ、社会学者の薬師院仁志なんかに、
政策議論なんかできる訳がなく、こんな風になるのはしょうがないですよ。

さしずめ、「大阪都構想」という企画書を提出した橋下が
「どうでしょうか?」と質問しているのに
「この企画書の装丁は下品だ」とか「この紙質をもっときれいに」とか
「字体が見難い」・・しか言えないのと同じですから(笑)

橋下市長もそれをわかっているはずなのに
「では、どうしたらいいですか?」は大人げないですね(笑)
まあ、人格攻撃までしてくる相手ですから、容赦しなかったんですかね。
カワイソウニ(笑)・・・

それとも香山リカなんかは、言論界のおバカキャラのようなもんで
マスメディアに出て、とりあえず何か言って爆笑されるのが役割なんで、
目立って、本も売れれば、ラッキー・・とでも思っているんでしょうかね(笑)

薬師院仁志なんかにいたっては、
学者が必ずしも頭が良いとはいえないことを、
全国に再認識させてくれました(笑)

いやー、批評家の東浩紀が、まとめようとするなんて(笑)・・・
それだけでも、議論というレベルになっていないのがわかりますね

橋下市長にも、ツッコミどころはありましたよね。
特に教育基本条例については、疑問を挟む余地はかなりあったような・・
出来る論客なら、そこを突いているはずなんですが・・だめだこりゃ。


imagesCAFH1R6W.jpg

個人的なことを言えば、
私は大阪府民で、市民ではないにしても
今の大阪の危機的状況は身に染みています。

それは、私同様、なんの政治背景のない一般市民でも
敏感に感じているはずです。
その市民が選んだのが「橋下市長」であるということ・・

そこには大阪市民の民意が少なくとも感じられるはずなんですが、
今日の反橋下陣営には、
「市民から選ばれた市長」に対してのある程度の敬意、というものが
まったく感じられない。
そこに、反橋下の胡散臭さを感じて仕方がありません。

先の選挙は、本当に異様でした。
これは地元に居なくては解りません。

そんな中、民意は橋下市長という選択をした・・
橋下市長に危機感を持つのも当然でしょうし、政策面でも疑問点はあります。

しかしだからといって、民意で選ばれた市長に対する敬意もなしに、
個人攻撃に徹する、異様なパッシングは
到底、一般市民の賛同なんか得られたもんではないですよ。
それが、まったく解っていないのが今の「反橋下」を声高に叫んでいる
人達ですね。

何か、ある種のイデオロギーに縛られて、
目と耳をふさぎながら、自分の気持ちだけを叫んでいる・・
そう映ってしまいますね。
こういう人たちに、議論で説得なんかできないのは昔からわかっているんですけどね。
うーん、こまったもんだ。

ただ、大阪がこういう人たちも含めて、いかに大変か・・
というのを全国に知らしめた、ということだけが
今回の「朝まで生テレビ」で唯一意味のあることでしたね・・・

ほんと、大阪、大変なんですから、これマジで・・







ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ

[ 2012/01/28 16:17 ] テレビ番組 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替