テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  2012・1~3月期ドラマ >  「ストロベリーナイト」第3話「右では殴らない2」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ストロベリーナイト」第3話「右では殴らない2」

やっぱりかなり嵌ってます。

竹内結子主演の「ストロベリーナイト」

前回に引き続き「右では殴らない」の続編です。

今回も、ドラマに引きずり込まれました・・


【出演】竹内結子、 西島秀俊、 小出恵介、 宇梶剛士、
    丸山隆平、 津川雅彦、 渡辺いっけい、 大政旬、
    高嶋政宏、 生瀬勝久、 武田鉄矢 ほか

【原作】誉田哲也 【脚本】龍居由佳里、黒岩勉ほか

【演出】佐藤祐市、石川淳一

勝俣(武田鉄矢)は暴力団組織の組長を毒薬をばらまいた犯人“シド”と断定して逮捕。だが、組織が所持していた毒薬と被害者の部屋から発見された薬は別物だと分かり、玲子(竹内結子)らは再び捜査を開始。葉山(小出恵介)はシドが10代の女性だと突き止める。

imagessuto.jpg

imagesCA1PK1X5.jpg

いやー、やっぱり凄いわ、このドラマ

前回も書きましたが、なんせ原作では、文庫本で
40ページたらずの小品ですよ。

それが、2回にわたっての大作になるなんて
思いもよらないことです。

姫川礼子(竹内結子)率いる姫川班を中心に、
刑事たちの捜査を丹念に描いているだけなんですが、
そこに漂う緊迫感は、なんなんでしょう。

脚本の秀逸さと共に、出演者のリアリティのある演技で
ドラマをぐいぐい引っ張っていきます。

スペシャルでは、かなり暑苦しかった
武田鉄矢扮するガンテツが、アクセントとしてきいていますね。
なんせ、かなりあくの強い役なんで、
これぐらいの出演頻度がちょうどいいです。


で、原作ではこれがメインだった、姫川と犯人との対峙のシーン。

ほぼ原作に忠実に、というかセリフをほとんど変えていませんが、
こうやって、竹内結子の熱演で観ると印象が変わりますね。
犯人役の子がうまいので、かなり痛快です。

「右では殴らない」の題名がラストに効いているのも良い。


うーん、今のところ
今期では、ぶっちぎりでこれがベストですね・・








ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替