テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  2012・1~3月期ドラマ >  「聖なる怪物たち」第1話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「聖なる怪物たち」第1話

河原れんの原作が、ナカナカ評判が良いようです。

でも、まだ読んでないんで、ドラマ化されても
観るかどうか悩むところです。

原作のあるドラマでは、良くあることですね。

「読んでから見るか、観てから読むか・・」

でも、中谷美紀が出演している・・・なんで、観てしまいました。

「聖なる怪物たち」第1話です


【出演】岡田将生、 中谷美紀、 加藤あい、 長谷川博己、
    鈴木杏、 大政絢、 渡辺いっけい、 山本陽子、
    勝村政信、 平田満、 小日向文世 ほか

【原作】河原れん  【脚本】荒井修子ほか  
【演出】藤田明二ほか


病院を舞台に、金と人間の欲望を描く医療サスペンス。大久保記念病院の若き外科医・司馬(岡田将生)はある晩、“飛び込み出産”の妊婦の帝王切開手術を行う。無事に男児を取り上げるが、直後に母親が死亡してしまう。母親は身元が分かる物を所持しておらず、身元不明の赤ちゃんが残される。


imagesei.jpg

毎度おなじみの、医療サスペンスか・・
と思っていましたが、どうやら違うようです。

まだ初回なんで、導入部だけで終わりましたが、
多くの登場人物に、それぞれの事情があり、
かなり複雑な印象です。

少なくとも、のんびりと片手間に観るようなドラマではないです。

ただ、なにか「母性」がテーマの一つのようで
オッサンの私には、いまひとつピンときませんが、
かなりどろどろの展開が、嵌るかもしれませんね。

無題sei

主演の岡田将生は、若手の男優では好きな俳優です。

まだ、17歳ぐらいの時出演した映画「天然コケッコー」を
観て、「こんな自然な演技ができる、若い男優もいるんだ」
と思ったもんです。

この人は、イケメン過ぎるのが欠点なんですよね
(何と贅沢な欠点か(笑))
その顔で、彼本来の演技があまり評価されてませんが、
もっと、内面をえぐるような役をやれば、面白いと思いますがね。

そして中谷美紀です。

相変わらずの、演技でした。

この役をキャスティングする時、中谷美紀が真っ先に浮かんだんでわ?
と思うほど、嵌ってます。

妹(加藤あい)の代理出産を決意する時の
あの表情は凄いです。
その場面の脚本や演出の拙さを、あの顔一発で
カバーしてしまいました。

こりゃあ、次からは中谷美紀を観るだけでも、
価値はありそうです。


ただ、今の軽めで、単純なドラマに慣れっこな
視聴者には、敬遠されるかもしれませんね。

話が、急展開していくことを期待して、
次回も観てみますが・・・



【送料無料】聖なる怪物たち

【送料無料】聖なる怪物たち
価格:1,575円(税込、送料別)






ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替