テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  2012・1~3月期ドラマ >  「ラッキーセブン」第1話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ラッキーセブン」第1話

ここ数年、いやもう十年ほどか、
迷走中の、世に言う「月9」ですが・・・

もうこういう言い方もやめたらどうですかね。

フジテレビ自体が、この「月9」枠は特別という
考えにとらわれてしまっているように思います。

もうあの頃の視聴者はいないんですよ・・
いつまで栄光にすがってるんですか・・・
と感じている人も多いんじゃあないですかね。

ということで、またまたフジテレビ気合い入りまくり
の「月9」の「ラッキーセブン」です

【出演】松本潤、 瑛太、 仲里依紗、 大泉洋、 松嶋菜々子、
    角野卓造、吹石一恵、岡江久美子 ほか

【脚本】早船歌江子、野木亜紀子、金沢達也

【演出】佐藤信介

町外れにある「ラッキー探偵社」で働く7人がチームワークで事件を解決していく姿を描く。
フリーターの駿太郎(松本潤)は不倫現場を探偵・新田(瑛太)に押さえられ、不倫相手と別れることに。
腹を立てて探偵社に怒鳴り込みに行った駿太郎は、社長の瞳子(松嶋菜々子)にスカウトされる。

images7.jpg

まあ、あくまで主演は松本潤なんで
それは解っているんですけど、
やっぱり、観たかったのは松嶋菜々子だったんですよね。

あの「家政婦のミタ」が終わったばかりでの
この出演ですから、しょうがないですよ。

しかし、ほとんど社長室に隠れてしまって
顔見世は、少なかったですね。

今日見た限りでは、松嶋菜々子である必然のない、ほとんど視聴率稼ぎの
特別出演のよう・・さすがフジテレビ恥も外聞もなしですね。

せっかく、松本潤が彼らしい役柄で、熱演しても
これでは、興ざめです。

まあ、初回なんで、今後どうなるかはわかりませんが・・


imagesCAVKRI5V.jpg

ただ、瑛太には驚きました。

「それでも生きていく」での、ナイーブな青年の印象が強いんで
あの、細マッチョな肉体と、アクションは意外でしたね。

今回の見物は、この瑛太と松本潤の格闘シーンだけと言ってもいいです。

こりゃあ、ドラマにしては、なかなかでした。

まあ、演出が「GANTZ」の佐藤信介ですから
こういうシーンは得意なんでしょうが。

ただ、やっぱりいつもの「月9」の迷走ぶりは
相変わらずなんですよね。

せっかくこんなキャストを組んでも、脚本が
いつものように、クソではなんにもなりません。

とにかく設定自体(なんで探偵社?)に無理があるし
そんなものを吹き飛ばすだけのハチャメチャさも無し・・

とにかく、キャストありきの企画をそろそろやめないと・・
と言われ続けて何年ですかね?

探偵社の7人だから「ラッキーセブン」という題名だけで、
もうセンスのかけらもないでしょう。
それで「ワイルド7」の瑛太を起用?・・・お遊びにもなっていないですね。

これだけの悪い要素だらけを、挽回するのは
いかに松本潤でも、しんどいと思いますがね。

ほんと、役者が可愛そうです・・








ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替