テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  スペシャルドラマ >  ドラマ「ストロベリーナイト レジェンド」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドラマ「ストロベリーナイト レジェンド」

昨年放送され、話題となった
竹内結子主演の刑事ドラマ「ストロベリーナイト」

同じく誉田哲也原作の女刑事姫川礼子シリーズが
1月10日よりドラマ化されるのに伴い、
新たに追撮されたものを加えて再放送されました。

この姫川礼子シリーズは、私が誉田哲也を読むきっかけとなった作品で
第1作目の「ストロベリーナイト」は
かなり衝撃的な内容で、一気読みした記憶があります。

なので、この作品にはかなりこだわりがありまして、
昨年の放送は、かなり厳しい目で観たんですが・・


(出演)竹内結子 西島秀俊 桐谷健太 宇梶剛士 林遣都 谷村美月
    小出恵介 丸山隆平 津川雅彦 手塚理美 国仲涼子 渡辺いっけい
    遠藤憲一 高嶋政宏 生瀬勝久 武田鉄矢

(演出)佐藤 祐市 
(脚本)龍居 由佳里 
(原作)誉田 哲也 


ノンキャリアで成り上がり系の警視庁捜査一課の女性刑事・姫川玲子(竹内結子)。
内溜近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた
男の惨殺死体が発見されたことが物語の発端だった。
警視庁捜査一課唯一の女性班長である姫川警部補は、
これが単独の殺人事件で終わらないことに気付く。
捜査で浮上した「ストロベリーナイト」という謎の言葉。
部下の巡査の死を乗り越え、クセ者ぞろいの刑事たちとともに悪戦苦闘しながら、
事件の真相を追い、たどり着いたのは・・・・

imagesCADHWB3I.jpg

まずはやっぱり姫川役の竹内結子でしょうね。

私の中の姫川は、10年前の松嶋菜々子なんですが、
ここでの竹内結子も、なかなかでした。

いままでにない役柄なんですが、かなり嵌ってまして、
おそらく、彼女の持っている内面が、この役とダブる部分があるんでは・・
などと思ってしまいましたね。

話も、ほぼ原作に沿った内容で、原作の良さも崩していません。

ベストセラー小説のドラマ化でよくある、
制作側だけの自己満足で、大幅に内容を変えてしまうような
バカなまねをしていないだけでも評価できます。

脚本も、龍居 由佳里なだけあって、良く出来てます。

まあ、登場人物がしゃべりすぎなのは気にはなりますが
あの内容を、2時間でまとめるのには、致し方ないんでしょうね。

他の登場人物も、原作のイメージを崩していません。

特に 生瀬勝久・・もう出てきた瞬間、おもわずニヤッとしてしまいました。
原作を読んだ人の大半が、この人を思い浮かべるんではないですかね。

imagesCAKBZHLV.jpg

ただ、武田鉄矢が強烈すぎますね。
いつも通りの熱演なんですが、あまりにも「THE武田鉄矢」が
前面に出すぎて、しんどいんですよね。

存在感は凄いんですが、それがかえって彼だけを浮いてみせちゃう・・という
悪影響が無きにしも非ずです。

まあ、これはあくまで好みの問題なんですが・・ 

しかし、以前NHKで放送された刑事ドラマでの演技と
ほとんど一緒なのは、なんだかな・・
(あのドラマ自体は凄かったですが)

後は、谷村美月が演じた謎の人物。
その人物の背景が、かなり話の肝になるんですが
ドラマでは、サラリと流してしまったのが残念です。
やっぱり、テレビ的にはきついんでしょうかね・・


しかし、なんだかんだ言っても、ここまでやってくれたら
原作ファンも納得です。
近頃にはない、真摯にサスペンスミステリーに向き合った良作でした。

放送時、「あ~、こりゃ連ドラくるな・・」
と思いましたが、やっぱりでしたね。

まあ、このキャスト、脚本、演出でやるんならば、
良い出来を期待できそうですね。

ただ、今回の放送では、ラストに連ドラ向けの
シーンを追加してましたが、こういういかにもテレビ的なやり方は
やめてほしかったですね。
これはこれで一つの完成した作品なんで、それを崩すことを
なんでするかな。

これが、今のテレビの嫌なところなんですよね・・・




【送料無料】ストロベリーナイト

【送料無料】ストロベリーナイト
価格:1,680円(税込、送料別)






ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
[ 2012/01/07 00:15 ] スペシャルドラマ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替