テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  2011・10~12月期ドラマ >  「カレ、夫、男友達」第4話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「カレ、夫、男友達」第4話

何かと話題なNHK「カレ、夫、男友達」。

最近のドラマでは、つい観てしまうものの一つです。

過激なラブシーンや、DVシーンがクローズアップされていますが、
ドラマとしても、結構良いドラマなんだと思いますよ。

まあ、私も、もちろんそんな過激なシーンで食いついた口ですが。

やっぱり、真木よう子のラブシーンや、木村多江のマヨネーズぶっかけ
は衝撃でしたし、前回は夏帆まで、ホームレス、しかも森本レオなんぞと・・

この3姉妹どうなるんだ・・と引き込まれてしまってます。
(NHKの思惑にまんまとのせられていますが)


【原作】江國香織「思いわずらうことなく愉しく生きよ」
【脚本】浅野妙子
【音楽】大島ミチル
【主題歌】安藤裕子「輝かしき日々」
【出演】真木よう子 木村多江 夏帆 ユースケ・サンタマリア 徳井義実 三浦貴大
片岡礼子 高畑淳子 長塚京三 ほか

imageskare_20111123014820.jpg

でも、いくら過激な場面を用意しても、ドラマ自体がクソでは話にならないですが、
その点では、このドラマはいい線言っていますね。

なんといっても、出ている女優、特に3姉妹の
真木よう子、木村多江、夏帆、それぞれが、持ち味を出していて
見ごたえあります。

真木よう子の演じる女性は、男の側から見れば、とんでもないんですが
彼女の魅力で、何か憎めない可愛い女に見えてしまいます。

そして木村多江・・もうこんな役、いわゆる不幸な役は
やっぱり嵌りますね。
今回の、盗撮、暴力、ベランダしがみつき・・
こんなこと言っては何ですが、エロいです。表情がエロすぎます
一部のマニアな趣味の方なんぞは、たまらないんじゃあないですかね。

でも今回は、なんといっても夏帆でしょう。
イヤーいい女優になりましたね。
父親役の長塚京三を前にした演技は、屈折した感情を表現して、見ごたえありました。

もしかしたら、3人の中で、最も難しい役かもしれませんね

中年おやじには、何ともたまらない場面でした。


それにしても、3姉妹というのは
古今東西を問わず、小説や映画の題材になりますね。
何なんでしょうかね、よくは解りませんが、まあ響きだけはいいのは確かですね。
サンシマイ・・いいですね。

男3兄弟も、イケメンならばいいんでしょうけれど、
どうも3姉妹に比べるともう一つですね・・・





ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替