テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  映画 >  映画「カイジ~人生逆転ゲーム~」を観ました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画「カイジ~人生逆転ゲーム~」を観ました

2009年に公開され、好評だった映画「カイジ~人生逆転ゲーム~」を
放送していたので、なんとなく観てしまいました。

公開当時は、原作(福本伸行の漫画)のファンだったので、
又、漫画原作を勝手な解釈でいじくって、都合よくまとめた様な映画だろうと
勝手に解釈して、興味も持てませんでした。

だって、主人公のとんがり顎のカイジを、イケメンの藤原竜也が演じる
というだけでも、イヤー違うだろう-と思いますよね。

そんなわけで、期待しないで見てみたんですが・・

素直に面白かった・・やっぱり観てみるもんですね


キャスト:藤原竜也、天海祐希、香川照之、山本太郎、光石研、松山ケンイチ、
     松尾スズキ、佐藤慶、吉高由里子ほか

原作:福本伸行  脚本:大森美香

監督:佐藤東弥

プロデューサー:藤村直人、北島和久、山口雅俊 エグゼクティブプロデューサー:奥田誠治

定職にもつかず自堕落な日々を送るフリーターのカイジは、ある日、
友人の借金の保証人になったことで多額の負債を抱えてしまう。
取立てに来た金融会社社長の遠藤から、「一夜にして大金を稼ぐチャンスがある」
と話を持ちかけられたカイジは、遠藤の指示に従い、とある豪華大型客船に乗り込む。

images_20111105003758.jpg


原作を知っている人ならわかるでしょうが、
これは映像化は無理だろうと思われるほど、ムチャクチャな内容なんですが、
なんと、ほぼ完全映像化していましたね。

観ながら、ここまでやるか・・とばかりの力技でした。   

あの、ザワ、ザワ、ザワ・・の効果音まで再現していたのは笑った。

ツッコミどころはあるものの、そんなもん関係あるかとばかりに
強引にラストまで持って行ったのは、大森美香の脚本というより
ひとえに佐藤東弥監督の演出のたまものでしょうね。

「ごくせん」などの演出をしていたらしいですが、
この作品で、偉大な父(名監督佐藤純弥)のエンターティメント作品群に
一歩近づいたんではないでしょうかね。

利根川役の香川照之、遠藤役の天海祐希、その他の登場人物も
原作のイメージを崩さず、暑苦しいまでの演技でした。

そして、藤原竜也ですが、外見こそ大きく違いますが
中身はカイジでしたね。

ともすれば、彼の欠点ともなりかねない、演劇調の芝居が、
この作品の閉鎖的空間では、逆に効果的でした。

うーん、こりゃ原作ファンも結構納得の映画だったんではないでしょうかね。

ただ、原作を知らない人が見ると、?と思うこともありそうですし、
この世界観に拒絶感を感じる人も多いと思いますね。

第2作目の「カイジ~人生奪回ゲーム~」が公開されるそうなんで、
まあ、人気があったんでしょうが、
これだけやりつくして、まだ題材があるんでしょうかね・・・



カイジ 人生逆転ゲーム: 豪華版 【DVD】

カイジ 人生逆転ゲーム: 豪華版 【DVD】
価格:4,536円(税込、送料別)



ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
[ 2011/11/05 00:40 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替