テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  2011・10~12月期ドラマ >  ドラマ「南極大陸」第2回です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドラマ「南極大陸」第2回です

初回平均視聴率が22.2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録して、
好評だった、SMAPの木村拓哉主演の「南極大陸」

イロイロ賛否はあるでしょうが、
戦後の日本復興の象徴的な国家プロジェクトである
「南極観測」を描くことが、
今の日本の状況を考えると、かなり心に響いたのも事実です。

主演の木村拓哉をはじめとして、出演者の熱演もあって、
見応えのあるドラマだと思いますね。

そして今日はその第2回です。

今回は、ほとんどが南極観測船「宗谷」の中での出来事でした。

imagesCA3H10SF.jpg


(出演)木村拓哉・綾瀬はるか・堺 雅人・山本裕典・吉沢 悠・岡田義徳・志賀廣太郎
    川村陽介・ドロンズ石本・柴田恭兵(特別出演)
    寺島 進・ 緒形直人・香川照之ほか

(原案)北村泰一 「 南極越冬隊タロジロの真実 」 〈 小学館刊 〉

 脚本:いずみ吉紘  プロデュース:石丸彰彦、伊與田英徳、山田康裕
 演出:福澤克雄   制作:TBSテレビ

うーん、男臭い内容でしたね。
船内という閉鎖された空間で、男たちが泣きわめいているんですから当然ですが
そのなかで、俳優陣の色分けがだんだん出てきました。

暑さにやられている船内や、暴風雨にやられているなかで、
先頭に立って奮闘するのが、木村拓哉ですが、
汗まみれ、ずぶ濡れなんですが、やっぱりシュッとしているんですよね・・
解ります?シュッとしているんです。

imagesCAPVIVD8.jpg

イヤー、これは凄いことですよ。
ただ、いい男だイケメンだでは、こうは映りません。
改めて、木村拓哉の凄さを垣間見ましたね。

それに対して、ひたすら暑苦しい寺島進。
ひたすらクールな堺雅人。
かなり男臭い緒方直人。
どこまでも飄々としている香川照之。etc・・

男たちの群像劇になってきて、嫌いではないです。

ただ、やっぱり脚本がな・・
やっぱり、展開のパターンが「ROOKIES」になってしまうんですよね。

まあ、この人の限界なんで、脚本に抜擢したプロデューサーが悪いんですが。

でも、それを補って余りある俳優陣の熱演ともう一つ・・
いやー、やっぱり南極大陸が見えるとスケール感が違いますね。

このスケール感のある風景だけで、今後も観ようと思います。

ましてや、その中を犬ぞりが走るとなればね・・





ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替