テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  スペシャルドラマ >  ドラマ「アイシテル~絆~」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドラマ「アイシテル~絆~」

少年が少年を殺害するというショッキングな事件と、
その加害者家族、被害者家族を描いて、2年前に話題になった
「アイシテル~海容~」。

その続編がスペシャルドラマとして放送されました。

物語は、さつき(稲森いずみ)の息子が少年を殺した事件の20年以上後から始まる。
事件後に生まれた智也の弟・直人(岡田将生)は、兄を憎み、さつきとも距離を置いて暮らしていた。
そんな中、直人の妻・加奈(水川あさみ)が妊娠。兄の罪によって苦しめられてきた直人は、
子供に自分と同じ思いをさせたくないという思いから子供は持たないと決めていた
。しかし、加奈は生みたいと直人に訴える。
直人は、12歳のときに別れたままの兄・智也(向井理)と向き合う決意をする…。

(出演)
稲森いずみ、岡田将生 水川あさみ、向井理 伊東四朗、田中美佐子 ほか

アイシテル


続編と言っても、その事件から20年以上も後の話で、
犯人の少年は、青年になっているし、母親は、すっかり中年になっています。

その設定自体が面白いですね、あまりないんじゃないでしょうかね。

しかも主に、事件とは無関係の、事件後に生まれた弟を
中心に描いていて、これが成功していますね。

これにより、事件をどこか俯瞰に見れますし、
弟の苦悩により、加害者家族のこれまでが感じられます。

岡田将性が、その弟を熱演しています。

そのルックスから、これまでどちらかといえば、
どこか引いた演技でしたが、珍しく泥臭い演技を見せました。

うーんなかなかいい役者になってきています。イケメンだけじゃあないですね。

向井理も、青年に成長した犯人の少年役という、難しい役どころを、
いつもの彼らしく、淡々と演じています。
(それでいて、役が成立してしまうのは、不思議な俳優です)

この岡田将性と向井理、この兄弟の緊張感ある関係が見ものでした。

imagesinamori.jpg


主演の稲森いずみは、本当にいい女優になりましたね。

前作では、全身全霊を込めたような演技が凄かったんですが、
今回は、中年になった母親を、落ち着いた演技で演じ、20年たった
母親の心の成長を感じさせてくれます。

昔から思えば、こんないい女優になるとは思いませんでしたが、
白髪交じりの母親役をやれるんですから、もうそんな年だということなんですね。

でも、まだまだきれいなのは確かでしたが。


基本は「家族の愛」がテーマなんでしょうから、いいいんですが
できれば、被害者家族のその後も、いつか描いてほしいもんです。

前作の板谷由美、佐野史郎の夫婦も良かったもんで、そう思ってしまいます。

それにしても、伊藤四朗は、出番は少なくても
印象深い役者だなーと、いつも思ってしまいますね・・


アイシテル-絆- 【DVD】

アイシテル-絆- 【DVD】
価格:3,152円(税込、送料別)



ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
[ 2011/09/22 01:07 ] スペシャルドラマ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替