テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  映画 >  映画「孤高のメス」 が良かったです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画「孤高のメス」 が良かったです

昨年公開の「孤高のメス」ですが、はやくもテレビ放送されました。

かなり評判の良かった映画なので、
観たいと思っていても、なかなかその機会がなかった作品です。

原作は、大鐘稔彦の「孤高のメスー外科医当麻鉄彦」
元々は漫画の「メスよ輝け!」を小説化したものなんですね。

監督は、成島出
この人は、「クライマーズハイ」でいい脚本を書いていましたね。
今作では脚本は違う人なんですが(加藤正人)なんでかな・・

出演
堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、平田満、生瀬勝久、余貴美子、成宮寛貴他

images孤高


大学病院に依存しきった市民病院・さざなみ病院に、外科医の当麻が赴任してきた。
患者のことを第一に考え、オペも鮮やかな手際で対応する当麻。
そんな彼に第一外科医長の野本らは反発するが、その一方で看護師の浪子たちは
仕事へのやる気を取り戻していく。そんな中、市民病院の強化に努める市長が
末期の肝硬変で倒れてしまう。彼を救う手段は法で認められていない脳死肝移植のみ。
そこで当麻が下した決断は……。

この頃、映画でもドラマでもやたらと多くなった医療モノですが、
この作品はそれらとは、少し違っていました。

天才的な腕を持つが、地方病院を回ってばかりという、
一見さえない医師の当麻(堤真一)の姿を
看護婦(夏川結衣)の目線で描いていきますが、

地方病院の医療現場の問題を、ことさら煽るわけでもなく
むしろ淡々と進んでいるのがいいです。

緊張感のある手術シーンでも、バックに都はるみがかかっていたりと
その緊張を緩めようとしているよう・・
(そのシーンの堤真一の手さばきは凄いですが)
どこかのドラマのように、やたらとBGMでこれでもかと煽り立てていません。

それでも、観ている側には、どの場面も沁みてくるんですよね。

これは監督の演出もあるんでしょうが、俳優の演技にもよるでしょう。

imageskokou.jpg


堤真一は、もうはまり役と言っていいほど、当麻医師にピッタリでした。
熱い意志を持った天才外科医なんですが、どこか飄々とした雰囲気を感じさせる
人間味あふれる役柄は、この作品の良さを決定づけたと思います。

夏川結衣は大好きな女優さんですが、これまた良くて、
当麻医師と出会うことで、仕事に誇りを取り戻してゆく看護婦を好演しています。

そして個人的に良かったのが、余貴美子です。
息子を亡くした後、子供たちが遊んでいるのをぼんやり眺めている姿は
本当に胸を突かれました。やっぱりいい女優さんです。


もちろんクライマックスの脳死肝移植を巡る問題点など
もっと描き方があったんでは?とも思うことはありますが
この映画の主題はそこではないので、評価が下がるものではありません。

何か、私個人としては、昔見た「シェーン」や「用心棒」なんかを
思い出してしまいました。

ふらりとやってきた男が、その地の人々を救い、又去っていく・・

余の東西を問わず、みんなが好きなパターンを、これも踏襲しているなー
仕事とはどうあるべきか、その勇気、、そしてヒューマニズム・・
アーこれは黒沢明が好きそうな題材だなー
なんて、変なことを考えてしまいました。

とにかく久しぶりに、良い日本映画を観ましたね。


【送料無料】孤高のメス

【送料無料】孤高のメス
価格:4,442円(税込、送料別)



ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
[ 2011/09/19 00:38 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替