テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  2011・7~9月期ドラマ >  ドラマ「それでも生きてゆく」はどうなるんだろう・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドラマ「それでも生きてゆく」はどうなるんだろう・・・

最近のドラマでは、まずNO1なのは「それでも生きてゆく」でしょうね。

まあ、他に比較のしようがないほど、その他が全滅なんで当然なんですが・・

私が、唯一録画して見ているドラマです。

それとゆうのも、これがあのフジテレビが放送しているからなんですよ・・

本放送で見るのは癪なんで、まあ録画しているんですが、
それに値するだけの内容であることは確かですね。

これまでの内容なんか、書きだしたらきりがないんですが
一つ言えることは、いい脚本(坂元祐二)があれば、
本当に力のある役者の演技は、凄まじく観るものを圧倒するということ。

特に大竹しのぶは、やはりというか、もう凄すぎて言葉が出ませんね。
前々回の、リビングでの独白の数分間は、ドラマの演技を超えて別次元でした。

それに引きずられてか、瑛太も、これまで観たこともない演技を見せています。
イヤー彼が、こんな演技ができるとは思いませんでした。

満島ひかりは、かねてより注目していたんで、これぐらいはやるでしょうが、
大竹しのぶとの絡みは、緊張感が合っていいですね。
昔は、こんなベテランと若手の演技対決みたいなのって、結構あったんですけどね。

imagesCA4B24NQ.jpg


それにしても、今回のラストからして、次回から急展開しそうなんですが
いったいこの先、どこに着地点を持っていこうとしているのかが、見えにくくなってきました。

始まった当初は、もっと淡々と、被害者、加害者双方の家族のありようを
それぞれの観点で描いていくんだろうと思っていたんですが、
こんなミステリータッチになっていくとは想像外でしたね。

ちょっと、視聴率を気にして、展開を過激にしているんなら、
そこは違うんですけどね。

この先の展開次第では、焦点がぼやけてしまって、うやむやなままラスト・・
なんてことにもなりかねませんが、まあ坂元祐二を信用するしかありませんね。

後、個人的に気に入ってるのが、音楽です。
辻井信行の演奏するクラッシックが、サントラなんですが
なんといっても、私が一番好きな「ラフマニノフのピアノコンチェルト第2番」が
メインになっていて、それが作品世界にピッタリなんですね。



テーマソングの小田和正の「東京の空」も、バックの映像と会っています。

まず、いまどきの、プロモーションありきの無理やり感がないのがいいです。

まあ、これが当然のありようなんで、今のやり方が異常なんですけどね・・


こう書いてゆくと、これがドラマ本来のありようなんですが
今のドラマの現状を考えると、このドラマが突出しているのは、確かのようです。

実際問題、軽薄お子ちゃまドラマ全盛の今、何故突然変異のように
この問題作が作られたのかが気になりますね。

よほど、スタッフ、キャストが腹をくくらないと、今のテレビドラマでは、
問題になりかねない内容だと思います。

今回の放送でも、幼女殺害の犯人(風間俊介)が、反省などしていなくて
未だに殺人の衝動に駆られていることがはっきりしたわけで、
事件そのもののリアルさと共に、これはかなりナーバスな内容でしょうね。

昔のドラマならいざ知らず、今の各方面へ気を使いすぎるテレビでは
考えられないんですが、
これを、あのフジテレビが放送していることに、感慨深いもんがあります。

これは、今の局の体質(韓流押し以外にも、事務所、代理店サイドに偏った安易な企画、
低予算によるレベル低下等・・)に対して、真剣にものづくりに取り組んでいる、
現場サイドによる、最大限の抵抗なんじゃあないか・・なんて思ってしまいますね。


それともう一つ、これはぜひ言いたいんですが、私のイチオシの女優
福田麻由子の使い方は、間違っていませんか?

imagesmayuko.jpg


少なくとも、今までの扱いでは、彼女を起用している意味がないですね。
本当に宝の持ち腐れになってしまわないよう、
ぜひ、彼女の実力に見合った場面を増やしてもらいたいもんです。

一度、ガチで満島ひかりや、大竹しのぶなんかと絡ませてみてくださいよ、
それぐらい才能のある女優なんですけどね・・・


ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替