テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  2011・7~9月期ドラマ >  新ドラマ「それでも、生きてゆく」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新ドラマ「それでも、生きてゆく」

今クールで、一番注目しているドラマ
「それでも、生きてゆく」を観ました。

まだ初回なんで、何とも言えませんが、問題作なのは確かでしょう。
かなり、問題です。
よく今のこの時代に、この局で、こんなドラマの企画が通ったもんだ・・と単純に思います。

 妹を殺された被害者の兄と加害者の妹という、
出会ってはいけない2人の心の触れ合いを軸に、家族が希望の道を見いだそうとする姿を描く。
15年前、妹を友人に殺された洋貴(瑛太)は、父親が営む釣り船屋を手伝い、
日々を淡々と生きていた。そんなある日、釣り船屋に1人の女が訪ねてくる。
その女は妹を殺した加害者の妹・双葉(満島ひかり)だった・・

脚本:坂元裕二
出演:瑛太、満島ひかり、風間俊介、田中圭、佐藤江梨子、福田麻由子、柄本明、
小野武彦、風吹ジュン、時任三郎、大竹しのぶ ほか

imagesCAFCY1UF.jpg


テーマはひたすら重いが、これ見よがしの、演出がないのがよかったですね。

むしろ出だしから、淡々と進んだ感じです。(まあ、ラストはかなり来てましたが)
だからこそ、逆に観てしまうんですよ。
これが、今の大半のドラマだと、視聴率を気にするあまり、インパクトのある
シーンや、演出を見せられて、逆にドン引きしてしまいますが・・

特に、瑛太と満島ひかりの、ファミレスでの会話は凄かった。
普通に会話しながらも、普通ではない状況が、じわじわ伝わってくる。
このシーンだけでも、このドラマは違う・・と思ってしまいましたね。

大竹しのぶ(この人が出るだけで、ドラマの格が上がる気がしてしまう)、
時任三郎、風吹ジュン、風間俊介(キャスティングが良すぎる)、佐藤江梨子・・
うーんいい役者を揃えたもんです。
柄本明はうまいんでしょうが、あまり好きではないです。
この人の、非日常的な風貌だけで、物語のリアリティが無くなりそうな気がするんですよね。
すぐ死んでしまったのは意外でしたが・・

少しテーマが重すぎますが、こりゃ、観るしかないですね。

個人的には、イチオシの女優、福田麻由子が満島ひかりの妹役で
出ているのが、うれしすぎます。
Q10以来の連ドラなんで、毎週観れるのが幸せです。

mamayu.jpg


高校生の女優を、おじさんが好きになってもいいでしょう。
子役の頃からのイチオシなんですから
ちなみに変な趣味で好きなんじゃないですからね、ネンノタメ。
演技の天才だと思っていますから・・




ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替