テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  松田聖子 >  松田聖子コンサートツアー2011・大阪城ホール2日目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

松田聖子コンサートツアー2011・大阪城ホール2日目

又、テレビには関係なく、聖子様ネタです。

聖子ファン以外の皆様には、何の興味もないでしょうが、書かせてください!


ついに、行ってまいりました。

わが心のアイドル松田聖子様の、大阪城ホールでのライブです。

新参者故、聖子ファンの知り合いも無く、又、一緒に行ってくれる心優しいものも周りにはいず、
一人さびしい参戦でした。

DVC00009.jpg


ライブなんて、ポール・マッカートニーの大阪ドーム以来、
大阪城ホールに至っては、10年ほど前のエリック・クラプトン以来ですし、
まして、松田聖子様なんて、25年ぶりなんで、もうどんな状況かもわからぬまま、
大阪城ホールに到着しましたが、まあ、いるわいるわ、ほぼ同世代の中年軍団が(笑)
同窓会の会場か?と思うくらいの中年率でしたねー、イヤー安心しました。

しかも、中年、いや元少女の女性方が大半を占めておりました。

それも、聖子ちゃんのコスプレ?をした、元少女の姿をちらほら見るにつけ
あー、バブルはここでは健在だーと、妙にうれしくなりましたね。

まあ、思っていた以上に私同様の、おっさんも多かったのには、ホッとしましたが。

席の方は、アリーナの中ほどあたり、まあ、比較的いい席でしたので
聖子様の御姿を、堪能できたのは良かったですね。

DVC00010.jpg


さて肝心の内容ですが・・

もう、これぞエンターティナー、これぞプロ、これぞアイドルの神、
これぞアーティストといえるもので
これだけ、ファンを満足させたら、こりゃ離れられんでしょう。

前半の「チェリッシュ」からのナンバーも、予習のおかげで楽しめたし、
ダンスはチョット・・と思っていましたが、イヤー生で見るとやっぱりすごいですよ
聖子ちゃん、来年で50ですよ。こんな人今いませんでしょう。

まあ、元ギター小僧の私としては、オープニングのテレキャスターを弾きまくっていた(?)
姿の意外なかっこよさにしびれてしまいましたね。

imagesCASO9BQD.jpg


「マイアミの午前五時」「雨のリゾート」「ピーチシャーベット」・・・
ああ、若き日が蘇る・・(泣)

でも、特にすごいのは、なんといってもバラードの歌のうまいこと!
もう、全盛期のあの声や、声量はないけれど、それでも圧倒的な表現力と
情感たっぷりな歌唱には、心底やられました。

震災のことに触れた後に歌った「瑠璃色の地球」の歌唱なんぞは
心の深くに響いてきて、歌でこんなに感動したのはいつ以来だろう・・

これほど歌える人、日本に数少ないんではないだろうか。

バンド紹介のコーナーでの、「お好み焼き」「たこ焼き」の話題で和ましてくれた後
リクエストコーナーで、なんと・・
「夏服のイブ」が!・・レコーディング以来ほとんど歌われていない名曲を
打ち合わせ無しでの、ぶっつけ本番で、野崎氏のキーボード伴奏だけで・・
完ぺきに歌ったのは、度胆を抜かれたのと、「ああ、やっぱりこの人は天才だったんだ」
と、改めて再確認しました。本当に凄かったです。

「ひまわりの丘」「マンハッタンでブレイクファスト」・・満足です、「ひまわり」は
今度はセットリストに載せてほしいですね。

ヒットメドレー、Wアンコールと予定通り終了。

中年のオッサンには、ドット疲れましたが、まわりでも同様に座り込んでいるご同僚がいて
またまた安心しました。
イヤー、同世代がこんなに一緒に楽しめる場所って、
ひょっとして、聖子ちゃんのコンサートしかないんではなかろうか。

imagesCAML7W1D.jpg


今の音楽界なんか、こちとらの琴線には全く触れないし、
さりとて、演歌のコンサートには興味はないし、外タレも、知ってる人が少なくなったし・・
やっぱり聖子ちゃんになってしまうんですよね。


人の群れの中、外に出てみると、噴水の前のあたりに人だかりが・・
何だ?と思っていると、「きゃー」という歓声が・・・

皆の見ている先には、ホテルニューオオタニが・・

よーく観ると、上から3番目あたりの部屋に、ピンクの人影が・・まさか・・
するとその人影、手を振り出した・・「ぎゃー」というひときわ大きな歓声が


DVC00017.jpg
(あわてて、携帯を取り出したが、すでに遅しでした(泣))

近くの人に「あれってまさか・・」と聞くと、
聖子様が宿泊しているホテルから、いつも手を振ってくれるそうだ。

それを皆は待っていて、現れた姿に手を振って、歓声を上げているのである。
うーん、さすがは神様、ほとんど皇室と化してます。

人が少なくなるのを待つために、隅っこで煙草を吸っていると
大きなトラックが現れた。
するとその辺にいた人が一斉に前の方へ・・「何だ?」と行ってみると。

そこには、聖子様のお姿が描かれたツアートラックが横付けされていた。
それを写真に撮っているんですね。私もついでに一枚撮りました・・


DVC00015.jpg
(夕暮れのツアートラック、暗すぎた・・)

これ程、聖子バカ(笑)を身近に感じると、こっちもバカになるしかないですね

まあ、それだけ松田聖子という人が、不世出のスーパースターだと言わざる負えません。
あんなもん見せられたら、誰でもファンになるでしょう。
それも、コンスタントに毎年、それを30年ですか・・・

いやはや、これはもう国が重要無形文化財かなんかに指定しなけりゃあいけないレベルでしょう。
この人を失うことは、国の損失です。
そんな人を、いまだにマスコミは・・もうこの国の芸能界、
テレビ、マスコミは無視しちゃっていいからね聖子ちゃん。

ファンはあなたがどれだけの存在か知っていますから・・

アーどうしよう、カウントダウン行きたくなってきた・・ファンクラブ入らなきゃいかんかな。



ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
[ 2011/07/04 04:30 ] 松田聖子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替