テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  映画 >  「ゼロの焦点」(広末涼子、中谷美紀、木村多江)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ゼロの焦点」(広末涼子、中谷美紀、木村多江)

松本清張のもはや古典といっていい
名作の映画化だが、
かなり辛口になってしまう。

主人公のモノローグによって
物語が進んでいくが、
その広末涼子のナレーションに
もう一つなじめない。

彼女の声は、比較的甘えた感じの幼さが残る声で
この作品のナレーションにはそぐわないと思う。

ナレーションは捨てたやり方もあったのではないか。

img9f46969bzikazj.jpg

後半のクライマックスも
なにか予定調和な気がしなくもないし、
話自体に引きずられ映像をはめ込んだ感が否めない。

この名作はミステリーの古典であり
その後、この作品の亜流が数えきれぬほど出た。
今も2時間ドラマはこの影響をもろに受けているので、
ミステリー作品として観れば
新鮮さも驚きもないのは事実。

であるなら、ミステリーとしての話に軸足を置かず
もっと違う見せ方を取ってほしかった。
個人的には、雪の舞う能登金剛の旅情性を
もっと期待してしまったのだが。

ただ、中谷美紀、木村多江という
お気に入り二人の演技は、やはり素晴らしく
見応えがあっただけに
なおさら惜しいんやなー

まあ、私は過去の野村芳太郎監督、橋本忍脚本の
(松本清張作品はこの二人でしょう)
作品とつい比較してしまうんで、こんなことを思ってしまうんやけれど。

話も映像も初めて、という人には面白いとは思うけどね

ざんねんながら、ヒロインの広末涼子は
中谷美紀、木村多江にかすんでしまったのは確かやな。

まあ相手が悪かったね・・・

ゼロの焦点(BD) ◆20%OFF!

ゼロの焦点(BD) ◆20%OFF!
価格:5,040円(税込、送料別)



(名作です、こちらはおすすめ)
2007年08月24日発売ゼロの焦点

2007年08月24日発売ゼロの焦点
価格:2,520円(税込、送料別)



ランキング参加中よろしければ
  ↓        ↓

人気ブログランキングへ
[ 2011/03/08 01:29 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替