テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  スポンサー広告 >  スペシャルドラマ >  ドラマスペシャル「遺恨あり 明治十三年 最後の仇討」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドラマスペシャル「遺恨あり 明治十三年 最後の仇討」

ドラマを見続けていると
とても観れたもんじゃあないのが
最近多いいんやけど、
ごくたまに、名作に当たる時がある。

「遺恨あり 明治十三年最後の仇討」は
そんな名作、力作の一つだった。

やっぱりテレビ朝日は最近ドラマに力を入れている
だけあって、いいものを作ったなー

脚本の素晴らしさは最近では群を抜いているし、
実際の事件を下敷きにした吉村昭の原作の持つ
生々しい迫力に圧倒される。

それにも増して、出演者の素晴らしいことよ。

藤原達也の、仇討に人生を賭けた男の
すべてを捨てさったような目はどうだ
とても並みの役者では表現できまい。
すごい役者やなー

敵役の小澤征悦の殺気立った凄み。

吉岡秀隆は、法と武士の間で苦悩する
裁判官を彼らしく演じた。

山岡鉄舟役の北大路欣也にいたっては
彼以外には考えられないほどのはまり役で
最後の武士の貫録を出した。

でも個人的にはなんといっても
藤原達也を陰で支えた松下奈緒だ。

彼女はやっぱりこんな役がいい
あの表情や所作はオッサン殺しと呼びたいほど。
時代劇は初めてらしいが、そうとは思えないほどあっている
今後出演が増えるのは間違いないだろう。

イコンあり

遺恨あり 明治十三年 最後の仇討 【DVD】
(6月15日発売予定、予約受付中)

色々考えさせられるドラマだった。

こうやってパソコンの前に座って、携帯を横に置いていると
世の中の変化はものすごいが、この年になると
その分、日本人として忘れてはいけない
何かを捨ててしまっているんと違うかとは最近よく感じていた。

忘れてはいけない良いものを
グローバル化と称して忘れさせようとしている
何者かがいるんでは?
と思えて仕方がないんやけど・・

イヤーいいものを観てしまった、ありがとう


ランキング参加中よろしければ
  ↓        ↓

人気ブログランキングへ
[ 2011/02/28 02:39 ] スペシャルドラマ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替