テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  2011年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「渡る世間は鬼ばかり」とうとう最終回・・・

とうとう「渡鬼」こと「渡る世間は鬼ばかり」が最終回を迎えました。

21年、10シリーズという、長きにわたり
1組の家族の話を描く、大河ホームドラマともいえる作品でした。

個人的には、ずっと見ていたわけではなく、時々見るぐらいでしたが、
それでも、登場人物には、愛着を覚えるくらいですから、
21年という長さは、凄いもんですね。

最終回の今回は、勇(角野卓造)の母・キミ(赤木春恵)がアメリカから帰国することになり、
どうしても「幸楽」に住みたいというキミの希望で幸楽をリフォームすることに。
同居の準備に五月(泉ピン子)がてんやわんやする中、五月の娘・愛(吉村涼)は猛反発。
一方、結婚を決めた眞(えなりかずき)は披露宴の招待状を持って親戚を回る・・・

imagesCA47223P.jpg

懐かしい顔が揃いましたが、特に話題とすれば
6年ぶりに、姑役の赤木春江が、「幸楽」に帰ってきたことでしょう。
まあ、この作品と言えば、初期のころは
この赤木春江と嫁の泉ピン子の対決が売りでしたもんね、
やっぱりこの人が出ないことにはね。

ただ、すっかり年をとってしまって、丸くなってましたが・・

後は、上戸彩が、4年ぶりに出てましたが、以前のキャラ同様
嫌な性格に描いていましたね。
いかに上戸彩でも、「渡鬼」では別格とはいかないようです。

その他、もう数えるのが面倒なほどの登場人物が、何十人も勢揃いでしたが、
時々試聴の私なんぞは、あーこの人知ってる・・状態でしたね。

imagesCA4VE9K8.jpg

いやー、やっぱり橋田壽賀子は凄いわ。

これだけの人数を登場させても、なんとか物語を収束させるんですから、
これぞプロの脚本家の仕事でしょうね。

ただ、この人数で、2時間は短いような気がします。

ラストの泉ピン子、角野卓造、赤木春江の3人が
しんみり話すシーンが、ちょっとあっさりしすぎたような。

20年以上の思いがこもったシーンなんですから、個人的には
ここはベタでもいいから、回想シーンなんかもはさんでほしかったですね。
(やっぱり、故人となってしまった、山岡久乃、藤岡卓也なんかの顔も
観たかったです。)

前のスペシャルの時間を削って、3時間ぐらいにしてほしかった。


昔のドラマのように1年クールのドラマは、この「渡鬼」だけとなってしまった今、
一つの作品を、スタッフ、俳優が、じっくり作っていくようなドラマは、
無くなってしまうんでしょうね。

「水戸黄門」も終わってしまうし、もしかしたら
テレビドラマそのものが、全然別のものになる転機となる
年なのかもしれませんね・・・

 



ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2011/09/30 01:45 ] スペシャルドラマ | TB(0) | CM(0)

NHK「SONGS」柴崎コウがなかなか良かった・・・

最近は、歌番組が少なくなりましたね。

昔はそれこそ毎日でも、なにかしら歌手の歌が聴けたもんですが、
今は数えるほどしかありません。

しかも、たいていが、最近の若い人に流行っているらしい、
とても歌とは思えんようなものを聞かされるか、
それでなければ、テレビの中だけで流行っているK-POP なんぞという
ものをこれでもかと聞かせられる、
オッサンにとって拷問のような番組が主になっていまして、
最近では、テレビで歌を聴くことがほとんどなくなりました。

そんな中、オッサンでも、ゆっくり歌を聴ける番組が
NHKの「SONGS」です。

一人のアーティストに絞って、その歌をじっくり聞けるので
この番組だけは楽しみにしています。

それで、今回の出演は、柴崎コウでした。

imagesCA4KFIW5.jpg


もう女優としては、人気も実力もある人なんですが、
歌も本格的にやっているんですね。

私なんぞは、以前映画の中で歌ってヒットした「月のしずく」か、
ドラマ「ガリレオ」で、福山雅治と歌っていた主題歌ぐらいしか知りませんでした。

そんな予備知識しかないもんで、
今回初めて、彼女の歌をじっくり聞きましたら、結構いいんですよこれが。

まあ、本格的な歌手ではないんで、粗も見えるんですが、
それでも、その歌声は、聴いていて気持ちが良かったです。

観客を入れてのライブ形式で歌うのは、歌手でも緊張しそうですが、
そこは女優の存在感でしょうか、様になっていました。

まあ、何を今さら・・とほとんどの人に笑われそうですが、
こういう情報には疎いオッサンにとっては
柴崎コウの歌がこんなに良いとは、新たな発見なんですよ。

柴崎コウさんに、おわびします。
女優の片手間ぐらいにしか見ていませんでした
おみそれしました・・・


柴崎コウ『CIRCLE CYCLE』【初回限定盤】CD+DVD

柴崎コウ『CIRCLE CYCLE』【初回限定盤】CD+DVD
価格:3,500円(税込、送料別)



ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
[ 2011/09/28 23:30 ] テレビ番組 | TB(0) | CM(0)

「ラストマネー・愛の値段」はなかなか面白いです

伊藤英明が、保険会社の査定人を演じる「ラストマネー・愛の値段」

NHKのドラマ10シリーズは、これまでも「八日目の蝉」「セカンドバージン」
「下流の宴」など、質の高いドラマを放送してきましたが、
今回は、保険金を巡る人間模様を、サスペンス風に描いています。


脚本 武田有起・渡辺啓 P大加章雅・橘康仁 音楽・林ゆうき
<キャスト>
伊藤英明 中丸雄一 松重豊 田畑智子 田中哲司 伊武雅刀 夏八木勲 高島礼子 他

主人公・向島朔太郎(伊藤英明)は、清和生命の保険金査定部に勤めている。
問題のありそうな支払い請求に対し、調査を含めて査定する「特殊案件調査グループ」に所属。
保険金目当ての殺人や病院ぐるみの保険金詐欺にはじまり、
不正申告や自殺者への支払いなど様々なケースを調査員の如月(松重豊)と共に調べ上げ、
支払いの可否を決定する・・・。

無題

保険金詐欺といえば、古今東西、ミステリーにたびたび登場する
題材ですが、査定人を、真正面から取り上げたドラマは、
これまでにはあまりなかったと思います。

その調査過程が、スリリングで、ミステリーを観ているようで、
なかなか面白い。

毎回金に取りつかれた人間の嫌な部分を描いていて、
暗くなりがちですが、どこかにホッとなるシーンがあって、
それが救いとなっていますね。

今回の第3話でも、夫婦、愛人がぐるになった保険金詐欺の話でしたが、
殺された男性の娘には、しっかり保険金が下りたのが救いでした。

1話完結ですが、通して描かれるのが、主人公の先輩(田中哲司)と
その不倫相手(高島礼子)の関係。

初回で、その先輩の葬式シーンがあって、その死に、不倫相手が
関わっていそうな感じなので、真相がどうあばかれていくのかが
これからの見ものです。

伊藤英明が、過去にトラウマを抱えた、冷静でクールな査定人を好演しています。

まるで探偵顔負けの観察眼で、保険金詐欺をみぬいていきますが、
どこかに人間味を感じさせるのはさすがです。

意外に良いのが、伊藤の後輩役の、KAT-TUNの中丸雄一です。
正義感のある熱血漢を、独特の雰囲気で演じています。

ともすれば、熱くなりがちで、浮き上がりそうな役ですが、
どこか飄々として、伊藤英明といいコンビになっていますね。

あまりドラマでは観ていませんでしたが、これからが楽しみな俳優ですね。


それにしても、こういうドラマは、やっぱりNHKでしか無理なんでしょうね。
そりゃ、保険会社が舞台なんですから、民放じゃあね・・
なんせ保険会社はメインスポンサーの一つですもんね。

なんだかんだいっても、NHKには、それなりの価値はある、
ということでしょうね・・・

(主題歌です)



ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
[ 2011/09/28 00:17 ] ドラマ | TB(0) | CM(0)

「爆笑・おじゃマップ!」香取慎吾は何に向かっているんだろう・・

SMAPの香取慎吾とアンタッチャブルの山崎が、
ゲストと共に、気になる場所にいきなり現れ、
人々と触れ合っていく番組「爆笑・おじゃマップ!」を観ました。

レギュラー/香取慎吾 山崎弘也 
ゲスト/米倉涼子 片平なぎさ 綾小路きみまろ 磯野貴理子 コロッケ 小倉優子

香取慎吾と山崎弘也が、米倉涼子と共に山梨の名所を巡る。
河口湖にある綾小路きみまろの自宅では、綾小路家に眠るお宝を発掘。
さらに、磯野貴理子も交えてバーベキューを楽しみ、
きみまろがブレークするまでの秘話などを聞く。
ほか、片平なぎさと共に武田信玄ゆかりの地を訪ねる。

imagesCAW33KTG.jpg

まあ、突然アポなしで、SMAPの香取慎吾が現れるんですから、
そりゃ、その場にいた人は「ぎゃー」となります。

中には、泣き出す女性までいます、当然のことでしょう。

でも、そのリアクションだけで成立しているような番組なんですよね。

さあ、スターがやってきましたよ皆さん、感激でしょう?
と、その地の人に、言いたいだけのような気がしてしょうがないです。

後のゲストや、その他のことは、おまけみたいなもんです。
その他のやり取りやなんかは、「ぴったしカンカン」のロケと変わりません。
(アポがあるかないかだけの違いでしょう)

まあ、ザキヤマのハイテンションと、ボケぶりで救われていましたね。

それにしても、香取慎吾は、どこに向かっているんでしょうか。

先の映画も、ドラマも大ゴケだそうですし、もう30過ぎなのに
言動や、印象が子供すぎるし、バナナを刺したCMなんかにも出ているし、
カメラの前では、いつも同じバカっぽい笑顔をしているし・・・

完全に、戦略が間違っているでしょう。
(たぶん、プロデュースしている人物はいるでしょうから)

もう、観ていて痛々しく感じてしまいますね。
この人の本質は、もっと繊細で、ナイーブだと思うし、
そんな役や、イメージで勝負すれば、良い俳優だと思うんですけどね・・
(実際、昔の「ドク」や、「名前のない花屋」は評価が高かったような)

思えば、慎吾ママやハットリくんあたりから、おかしくなってきたような気がします
ここらで、方向転換してあげた方が、
彼にもSMAPにもいいと思うんですけどね・・・
(まあ、余計なお世話でしょうが)


【送料無料】SMAP スマップ / SMAP AID 【CD】

【送料無料】SMAP スマップ / SMAP AID 【CD】
価格:3,570円(税込、送料込)



ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
[ 2011/09/27 00:06 ] バラエティ | TB(0) | CM(0)

ドラマ「居酒屋もへじ」 昔懐かしいドラマですが・・

水谷豊が、人情味あふれる居酒屋店主を演じる
「居酒屋もへじ」が、TBS系列で放送されました。

水谷豊といえば、「相棒」の杉下右京をはじめ、
サスペンスものや、一癖ある人物役のイメージが強いですが
石井ふく子プロデュースのドラマという、
これぞ王道ともいえるホームドラマに、はたして合うんだろうか?
と思いながら観ました。

プロデューサー:石井ふく子
脚本:黒土三男
演出:清弘 誠
出演:水谷豊、松坂慶子、角野卓造、松村雄基、川崎麻世、六平直政、桂文珍、
    奈良岡朋子、高田翔(ジャニーズJr.)、諸星すみれ ほか

東京・上野界隈にひっそりとたたずむ看板のない居酒屋「もへじ」。
客は常連ばかりで、「一見さんお断り」。飲み代も「あるときでいい」と
気風のいい主人・平次(水谷豊)は、困っている人をみたら放っておけない。
面倒見のいい性格から、血のつながらない子どもたちや老人と奇妙な生活を送っていた。
そんな「もへじ」にある日、見知らぬ女性客がやってきたことからさまざまな波紋が広がっていく。

imagesCARI0726.jpg

居酒屋を舞台と言えば、まず思い出すのが、高倉健の「居酒屋 兆治」
萩原健一の「居酒屋ゆうれい」などの映画ですね。

今回の水谷豊も、そんな作品の主人公同様のたたずまいがありましたが、
そこは、石井ドラマです。
昔懐かしいTBSドラマのテイストが、そこかしこにちりばめてあります。

確かに、今の時代からしたら、本当に古臭く、
大した事件も起こらないので、間延びした感は否めないんですが、
だからこそ、こんなドラマが、おじさんの私には好感が持てますね。

ハラハラドキドキはなくても、今人気の俳優がでていなくても、
テレビをボーっと観ていられて、どこか心がほっとする、
こんな、懐かしい感じのドラマが、今もあっていいんじゃないか、
なんぞと、感じてしまいました。
(「渡る世間は鬼ばかり」が終わってしまったら、もう絶滅しそうですが)

若い時は、この手のドラマは苦手だったんですけどね・・

ただ、松坂慶子のセリフの棒読み感がしんどかったのと、
桂文珍が、ほとんど落語のセリフ回しだったのが気になりました。

ましてや、関西弁ではないので、ところどころで違和感がありましたね。

何で、桂文珍なんでしょうかね、個人的には、
彼が足を引っ張っていたとしか思えないんですが・・・

最後に流れた歌・・佐良直美ですね、これまた懐かしい。
歌手復帰したんですね、若い人は知らないだろうな・・




ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
[ 2011/09/25 23:33 ] スペシャルドラマ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替