テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」最終回

今年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」が最終回を迎えました。

もう今さら、「江」?という感じですが、さすがに最後なんで、
取り上げたいと思います。

このブログでも、最初は頻繁に取り上げましたが、
内容が、ひどくなるにつれて、書くのをやめました。

もう、書くのも辛くなったんですよね、
良いところを探す方が大変だったんですから。

でも、毎回ではなくても、時々は観ていたんですよ。
特に、関ケ原や、大阪夏の陣なんかは、やはり盛り上がるだろうと思ったし、
方向転換を図るチャンスでしたしね。

imagesCA55EHI3.jpg

でも結局同じでしたね・・・脚本の田淵由美子は最後まで貫きましたね。

まあ、ある意味では作家としては立派でしょうが、
作品としたら、ここ最近の大河でも最低のレベルでした。


何が悪かった?と聞かれたら、書くことが多すぎるんですが、
あえて一つ上げるとするならば、
始まった当初から感じていた、何とも言え無い違和感なんですよね。

現代女性の目線で、戦国時代を切り取ろうとする、無謀さと
それに伴う、数々の無茶な設定と、リアリティの欠如。

最初から、方向性が間違っていたんですが、それを力技でもって 
強引に、話を進めてしまったもんだから・・・

imagesCA1EN783.jpg

上野樹里の主人公が、その最高の犠牲となりましたね。
作者が意図する、ある種の押しつげがましさが、見事に反映してしまい、
いくら、上野樹里が熱演しようとも、どうしようもありませんでした。

宮沢りえ、水川あさみも、その犠牲となっています。

宮沢りえなんか、もし違う作家の淀君なら、もっと彼女の良さも出たんじゃあないですかね。

imagesmukai.jpg

向井理には期待したんですが、彼の独特の雰囲気も、
秀忠をとらえきれていない脚本によって、最後まで出せずじまい。

前半の、豊川悦二の信長、鈴木保奈美のお市、
全編を通しての、北大路欣也の家康・・・これらは見ごたえがあったので、
まだ救われましたが、岸谷五郎の秀吉・・・これでこのドラマが崩れましたね。

やはり核となる人物がだめだと、もう見れません。
個人的にも、この秀吉で、観れなくなりました。

imagesCA6XGO9Z.jpg

imagesCAURGQ3R.jpg

今日の最終回も、この作者の視点は、悪い意味でぶれてませんね。

あくまで現代女性の感覚の主人公ー江でした。

まあ、大奥の誕生~徳川の繁栄~と結んだのは
あの「篤姫」の大奥、徳川幕府の終焉に結び付けたいのが
ミエミエですね。

これがしたいばかりに、「江」という、題材になりにくい人物を
強引にもってきたと言えば、言いすぎでしょうか。

でも、そう言いたいほど、どれもが無理のあった
今年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」だったように思うんですが。

imagesCAPNVQKE.jpg


さて、来年の「平清盛」は、どうなんでしょうかね
私的には、聖子ちゃんが出るんで、観ちゃいますけどね(笑)

内容なんか知ったこっちゃあないですが・・・






ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第13回「花嫁の決意」

もう出だしから嫌になる。

このアナウンサーによるナレーションはどうにかならないか。

軽いのと、変に調子を変えているのが聴きづらい。

まあ、このナレーションがこのドラマを象徴しているようやけどね。


もう大河ドラマとして放送するのはしんどいようだ。

なにか、終始ドタバタしていて、、
歴史ドラマとしての最低限の重厚さのかけらもない。

上野樹里はますます「のだめ」化しており
彼女の演技力が発揮されていないし、

宮沢りえも、実年齢とのギャップがネックになっているし、

水川あさみにいたっては存在感ゼロ

名女優大竹しのぶでさえ、手探りの感があるし、

岸谷五郎はもうバカ殿にしか見えない。


こんな調子なら、なにも大河でやらなくても
その辺の民放で、スペシャルドラマか何かで
ドタバタ戦国ホームドラマとして放送した方がいいんではないか。

全体の軽さがたまらなくしんどいんやなー



ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第12回「茶々の反乱」

今回はいやにライト感覚だった

秀吉に与えられた着物や食事を巡って
三姉妹(上野樹里、宮沢りえ、水川あさみ)が
屋敷の中を走り回っている印象が強い。

しかしなぜかいつもより見やすい。

それはいつもは障害になっていた
現代劇風の脚本が、こんなかるい回だと気にならないからだ。

こんな喜劇ホームドラマ風だと
岸谷五郎のあざとい芝居も許せるんやね。

後は宮沢りえで、今回やっと芝居をしたという感じやね。

でもまだまだ現実の年齢のギャップが激しすぎるので、
本当の意味で彼女が生きるのは
大阪夏の陣ぐらいまで待たなければいけないやろうな・・




ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第11回「猿の人質」

母お市(鈴木保奈美)を亡くし
たち三姉妹(上野樹里、宮沢りえ、水川あさみ)は
秀吉(岸谷五郎)のもとに引き取られた。

そこで従妹である京極龍子(鈴木砂羽)に会う。

龍子が夫を秀吉に殺されたにもかかわらず
側室になったことに驚くが・・

相変わらず会話や、行動が現代劇で、
興ざめする時もあるが、
もう気にしないことにします。

これはずっと続くことなんで、気にしたら
今後見れなくなりますから。

それよりも秀吉の描き方を何とかしてほしい。

これでは、単なる卑怯者のエロおやじだ。

龍子や正妻のおね(大竹しのぶ)が「なぜか魅力がある」
とか言っているのに信憑性がない。

岸谷五郎の演技がそれに拍車をかけている。

あの言い回しには、不快感を感じてしまう。

今後、秀吉が魅力ある人物(良くも悪くも)に描けなくては
作品の印象に大きく関わると思う。

それとも、こう感じているのは私だけなんかな・・

【送料無料】お江その数奇な生涯

【送料無料】お江その数奇な生涯
価格:1,680円(税込、送料別)



ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第10回

多分前半のもっとも重要な回だろう。

秀吉(岸谷五郎)に攻められた勝家(大地康雄)が
北の庄城において、お市(鈴木保奈美)とともに
自害。

三姉妹(上野樹里、宮沢りえ、水川あさみ)は
母と別れ、秀吉のもとに。

今後の三人にとって、おそらく
生涯にわたってのトラウマとなっていくんだろう。

20110306-00000502-san-000-1-view.jpg


今回は、お市役の鈴木保奈美の見せ場だった。

勝家とともに自害すると決め、三姉妹と分かれる時の
悲しみをこらえた母としての慈愛をこめた眼差し

秀吉の死者に対して言い放つ際の
凛としたたたずまい。

これがブランクのある女優とは思えないほど
貫録のある演技だった。
この人は、ひょっとしたら年をとってから
もっといい女優になれそうかも。

ただ、信長、お市といなくなり
いよいよ物語を支える人物がいなくなった。

今の三姉妹は、幼い設定なだけに
まだ主役の感じがしないし、秀吉があの扱いなんで、
どうなっていくんかな・・・

(原作本です)


ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替