テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  仁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「JIN-仁-」最終回

先週と、今週にわたって放送されたドラマ「JIN-仁-」の最終回

このところ、「マルモのおきて」を観ていて、仁は録画で観るようにしていたが、
さすがに最終回だけは、オンタイムで見ました。

先週もそうでしたが、あいかわらず、息も切らせぬ怒涛の展開でしたね。

龍馬(内野聖陽)の死を乗り越えたものの、仁(大沢たかお)の脳腫瘍、彰義隊の反乱、

咲(綾瀬はるか)の傷からくる病、現代に逆戻り・・とこれでもかという具合の見せ場だらけ。

これでラストはどうなるんだ、と心配になりましたが、杞憂でしたね。

タイムスリップ物に欠かせない、カタルシスというかなんというか、
あの人はこうなっていた、あの出来事はここにつながっていた、現代に変化が起きていた・・
といったことが、明らかになって、うーんここにたどり着くための
今までは前振りなのかー、などと思ってしまいましたね。

特に「仁友堂」が残っていて、ひそかにペニシリンを土着的に使っていたとして、
歴史に名が残っていたり、
坂本竜馬が船中九策(笑)で、医療保険制度をとなえて、そのために日本では
医療費負担が無い・・なんていうのは龍馬ファンの私としては、思わずニヤついてしまいましたね。

imagesCA1ZMJXM.jpg


そして橘邸があった場所には、橘医院の看板が・・

そして、「この家のものです」、として中谷美紀が・・

出来すぎだろーと思いながらも、感動してしまいましたね。

咲(綾瀬はるか)の手紙は、グッときました。読んでいる仁(大沢たかお)の気持ちが
痛いほど伝わってきましたね。

イヤーラストのこの二人の演技は良かった。特に綾瀬はるかの凛とした笑顔は
この女優の成長の証でしょう。

imagesCA177BIP_20110627004614.jpg


幕末と現代がリンクしたこのドラマは、今この時が、これまでの人々が
必死で生きてきたことの延長なんだ、という当たり前のことを
実感させてくれましたね。

ただ、ラストシーンの、中谷美紀への手術の場面。あれ、いらないように思いますが。
どうしてもやるんなら、もう少し時間をかけるべきでしょう。

唐突に始まり、唐突に終わりましたね。前回同様、論議を呼びそうですね。

それともなにかい、今度は映画でも・・なんぞと考えているんじゃあないだろうな
あそこの局のバカさ加減ではあり得るから怖い・・・




ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2011/06/27 00:05 ] | TB(0) | CM(0)

JIN-仁ー 第3話

イヤーやっぱり熱いドラマです。
そして、今回を観て、やっぱりタイムスリップ物のSFだったんだと
改めて感じた。

基本的に幕末が舞台なんで、SFということを
忘れがちなんだが、タイムパラドックスなんかがでてくると
時代劇の背景とのギャップがおもしろいですね。

まあ、血液の遠心分離器や輸血なんかも、江戸時代からしたら
十分SFなんだが。(ペニシリンなんかは、もろSFでしょう)

imagesCAPJ04LQ.jpg


それにしても、今回の、綾瀬はるかはよかった。

この人は、前回から段階を追うように、咲という人物になってきている。

大沢たかおを見つめる表情なんか、グッときますな。


後は内野聖陽の龍馬が出る、薩長連合の場面。

個人的にこうであったらと思う場面になっていてうれしかった。

少なくとも、大河よりはずっと良かったような・・


いつも感じるんだが、このドラマを観るには
観ているこっち側も、心と体の準備がいる。

それでないと、ドラマの熱量に持たないから。

やっぱり、2時間分ぐらいのボリュームと内容をつめこんでいるんで
見終わった後、ぐったりとなってしまった。



ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
[ 2011/05/08 22:57 ] | TB(0) | CM(0)

「JINー仁ー

2009年放送時、その出来の良さに大好評を博した
「JIN-仁ー」の続編。

まだ初回だが、そのクオリティは変わらず、
2時間があっという間に過ぎた。

主演の大沢たかお(南方仁役)をはじめ、前回の共演者が集結。
綾瀬はるか(橘咲)・中谷美紀(野風・友永未来)・内野聖陽(坂本龍馬)・小出恵介(橘恭太郎)・
桐谷健太(佐分利祐輔)・小日向文世(勝海舟)

そして新キャストとして、幕末の重鎮・西郷隆盛役に藤本隆宏。
佐久間象山役に市村正親。中岡慎太郎役を市川亀二郎。皇女和宮役を黒川智花
新撰組局長・近藤勇役をTHE BOOMの宮沢和史。
架空のキャラクターとして長州藩出身の武士・東修介役を佐藤隆太が演じる。

imagesCA177BIP.jpg

とにかく熱い熱い2時間だった。
これでもかと畳み込まれる感動エピソードに
胸が熱くなりっぱなしだった。

とにかく出てくる人々が、懸命に生きている。

その「生」を真正面からとらえたこのドラマが
今この時期に放送される意味は深い。

後半、坂本竜馬(内野聖陽)が仁(大沢たかお)に向けて言う

「死んでいった人々に報いるのは、又生まれてきたいと思える国にすることだ」

という言葉は、そのまま今復興に向かわなければならない、
日本国民である、私たち一人一人に響くメッセージだった。

いやーこのドラマは別格だ、
日々ぐうたらに生きている私には、観るのに覚悟がいりますな・・




ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
[ 2011/04/17 23:28 ] | TB(0) | CM(0)

「JIN-仁-」~2夜目 人の章~

タイムスリップ物というのは、パラドックスにとらわれるあまり
ともすれば物語に入り込めない場合がある。

だがこの話は違う。江戸時代に現代の医者がその医術をふるう、
その興味が物語に引き込む。

点滴を使い、脳手術を行い、ペニシリンを作り出す。

それは、その時代の人々にとって魔法のようなものだろう。

現代人の我々には、誇っていいはずだが、どうもそうは思えない。

それほどこの番組の登場人物たちが魅力的に描かれていて、
その代表が、中谷美紀である。

主人公の大沢たかおを慕いながらも報われぬ花魁の心情を、
凛としたたたずまいで演じきった。

美しさと強さと悲しさが、ないまぜになった演技には、
とてもひきつけられてしまった。

それだけに、ひとり去っていくときの、
雪の中のシーンがより一層印象深い。

それまでの花魁姿と対照的な地味な衣装だが、雪が舞う中で絶叫する
その映像の美しさは、名作映画の一場面を思わせる。

このドラマのハイライトだといっていい。

唐突なラストはどうかと思うが、その回答も、
4月からの放送で出してくれることを期待する。

【送料無料】JIN-仁ー BD-BOX[7枚組]【Blu-...

【送料無料】JIN-仁ー BD-BOX[7枚組]【Blu-...

価格:22,378円(税込、送料別)



ランキング参加中よろしければ
  ↓
[ 2010/12/28 23:50 ] | TB(0) | CM(0)

ドラマ「JIN―仁ー」プレミアム総集編~1夜目・仁の章~ 

高視聴率を取り話題となった「JIN-仁-」の総集編の1夜目。

東京国際ドラマ賞の最優秀作品賞受賞記念の放送だそうだ。

このドラマの放送当時は、そのできにビックリし、
やればできるやないかTBS!と思ったものだ。

漫画のファンだったので、またガッカリさせられるのか、
と思っていただけに、より驚きは大きかった。

原作の良さを壊さずに、実写の強みを生かす、
そのまっとうな姿勢がドラマ作りに反映していた。

【送料無料!23%OFF!】JIN -仁- DVD-BOX(DVD)

【送料無料!23%OFF!】JIN -仁- DVD-BOX(DVD)

価格:18,433円(税込、送料込)



俳優陣も良い。

大沢たかおは、原作のひげ面の中年にくらべ、
ナイーブで苦悩する主人公を好演していた。

その他内野聖陽、綾瀬はるかも、持ち味を発揮していたが、
なんといっても、中谷美紀である。

しかし、そのすごさは今回はまだ出ていないので、
次回に持ち越す。

それにしてもペニシリンを江戸時代につくるとは、
すごい発想やね… 


ランキング参加中よろしければ
  ↓
[ 2010/12/27 23:50 ] | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替