テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  ドラマ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田茂~」第1話

えー、又も更新が遅れていました。

まあ、ほとんどテレビを観ていなかったんで当り前です。

ドラマもバラエティも全滅状態ですね。

うーん、こんな中テレビに関するブログやってていいんだろうか(笑)


で、久々にまともなドラマを観たんで、
さっそく取り上げます。

色々意見はあるでしょうが、
見応えのあるドラマなのは確かです。

全5話の今回は初回でした


負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田茂~第1話

出演:渡辺謙 デヴィッド・モース 松雪泰子 谷原章介 田中圭 鈴木杏 
   永井大 篠井英介 嶋田久作 小市慢太郎 中嶋朋子 螢雪治朗 島田久作 
   中村敦夫 野村萬斎 加藤 剛ほかの皆さん

脚本:坂元裕二 演出:柳川強 


1945年8月、連合国軍総司令官のマッカーサー元帥(デビッド・モース)が神奈川・厚木飛行場に降り立ち、日本占領が始まった。進駐軍の逆鱗(げきりん)に触れた前任者に代わり、外相に就任したのが吉田(渡辺謙)だった。戦時中、反戦主義者として投獄された経歴がプラスに作用しての起用だった。吉田はプライドだけを武器に当時、誰もが恐れていた最高実力者のマッカーサーと対等に渡り合う。だがそのころ、吉田の古くからの友人である元首相、近衛(野村萬斎)は戦犯として追い詰められていた。



makete2.jpg


まだ初回なんで、何とも言えないんですが
久々に見応えのあるドラマでしたね。

まあ、題材が終戦時での吉田茂というんですから
この時期、ある意味タイムリーでしょう。

今の現状の日本を考えると、
外交とは、政治とは、と考えさせられる内容でした。

吉田茂、といえばもう私のようなオッサン世代でも
もう伝説となってる人で、戦後の総理大臣といえば
今でも真っ先に名前が挙がる政治家・・・ぐらいの印象しかない。

imagesCAPPV4UF.jpg


まあ、政治家ですからその功績と同時に
私なんかは、「バカヤロー解散」やその後の自民党の派閥政治
金権政治へとつながる流れのもととなったような人
という認識です。

ただ、その独特の風貌は、それこそドラマ向けの存在感ですね。


で、その吉田茂を演じるのが渡辺謙。
最初はどうも違和感がありました。

私なんかは、吉田茂役で最も記憶にあるのが
森重久彌でして、あのそっくりにまねた風貌が強烈過ぎて
渡辺謙ではどうかな・・と思っていたんですが、
さにあらず十分に演じてまして、最後は吉田茂に見えてきた(笑)

やはり、この人は、なんか信念のある堂々たる役をやらせりゃあ嵌りますね。


で、このドラマのもう一人の主役が、かのダグラス・マッカーサー
ご存じの連合国の総司令長官でありますが、この役を演じたのが、デヴィッド・モース。
ハリウッド映画で軍人役や警官役などで見かける役者ですが、
これが又嵌っていた。

まあ、マッカーサー自身が軍人なんで、彼にはぴったりですが
その体格の良さもあって、もう日本の前に立ちふさがるそれこそ壁のよう(笑)で
その当時の連合国総司令長官の影響力を表すには、いいキャスティングです。

もう、この二人のキャスティングが嵌った時点で
半ばドラマは成功したようなもんです。

それぐらい、二人のやり取りは見ごたえがありました。

maketekatu.jpg


で、それに輪をかけていいのが、脚本で
書いているのが坂元裕二。
もう、その名前だけで観てしまう数少ない脚本家の一人です。

この手のドラマでは、なじみのない単語や言い回し、
小難しいセリフなんかは避けられないんですが、
そんなのを気にしなくとも、展開だけでこの当時の国や政界の状況、
日本の世界での立場といったものが分かります。

数多い登場人物を、無難にさばいているのはやはりうまいですね。


でも、今回の主役は、なんといっても近衛文麿を演じた
野村萬斎とその妻の中嶋朋子でしょう。


貴族出身の政治家のイメージ通りの
どこか弱々しいんだけども、プライドは高い。
そしてどことなく漂う気品。
そうしたものを漂わせられるのは野村萬斎だからこそですね。

初めは、そのセリフ回しが臭く感じましたが、
それが後半の鬼気とした演技では、逆に活きてきました。

そしてその彼を陰で支える妻役の中嶋朋子。
柔和な中にある凛としたものを演技で表現したのは
素晴らしかった。
見舞いに来た吉田茂・渡辺謙に向かって言った
「あの人のすることを止める気はない、仮にも総理にまでなった人のすることを」
というセリフにはしびれた。
やっぱりうまい女優さんですね。

imagesCASNJRBF.jpgimagesCA5H3ZTK.jpg




と、まあ初回なんで、話の流れより
観た印象、俳優について書きましたが、これからの展開が楽しみです。

なんせ、今の日本はこの時に生まれたんですから
これを知ることは、現代の日本につながってきます。

で、何故この時代に吉田茂、白洲次郎のようにGHQに向かっていける
政治家や外交官がいて、
何故今は、情けない政治家や役人ばかりなのか・・
戦後の日本のあり方を含めて考えさせられそうなドラマです。


だって天皇の親書を手渡す際の吉田茂の
日本人と天皇の関係を切々と訴えるセリフには、正直感動しましたもん。
どこかの国の大統領に聴かせたいくらいです(笑)


今の微妙な情勢の中、よくぞこんなセリフ言ったもんです
NHKとは思えない(笑)

もう、ここでの渡辺謙のセリフを聴けただけでも、観てよかったです。


いやー、ほんと久々にドラマを観たーって感じです。
次回も観てしまうなこりゃあ。











ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
[ 2012/09/09 02:12 ] ドラマ | TB(0) | CM(0)

WOWWOW連続ドラマW「パンドラⅢ革命前夜」

WOWOWのオリジナル・ドラマ枠「ドラマW」で放送されている
井上由美子脚本の「パンドラ」。

その第3作「パンドラⅢ革命前夜」が放送されました。

2008年の第1作「パンドラ」では、三上博史主演でガンを滅ぼす特効薬、
2010年「パンドラII 飢餓列島」では、佐藤浩市主演で飢餓を救う食物と、
革命的な発明により"パンドラの箱"を開いた人々の運命を描く、
社会派連続ドラマシリーズ。
今回の題材は自殺を防止する治療法の発明にまつわる話です。

先進国の中で群を抜いて高い自殺率となっている日本。
その状況を憂いた一人の研究者(江口洋介)が、
自殺を防止する画期的な治療法の治験に成功したものの、その治療を、
内閣官房長官(内田聖陽)に施したため、思わぬ騒動を引き起こしていく...
全8話、8日間に起こる物語が、8人の個性的な登場人物を中心に描かれます。

監督:河毛俊作/小椋久雄
脚本:井上由美子
出演:江口洋介/内野聖陽/上川隆也/小澤征悦/板谷由夏/福田麻由子
    /山本耕史/若村麻由美/平幹二朗/泉谷しげる

images パンドラ

WOWWOWのドラマは、従来のテレビ局発信のドラマとは違い
局の制約から離れて、独自のコンテンツを配信してきました。

この「パンドラシリーズ」はその代表と言える作品で、
井上由美子の脚本、河毛俊作監督の演出、個性的な俳優の演技、
どれも、地上波ではできないドラマを作るという、
使命感みたいなものを感じさせてくれますね。

この「パンドラⅢ革命前夜」も、まだ序盤ですが、
人が変わった官房長官、海上自衛隊、殺人事件、革命を夢見る男・・・
と、スケールが大きく、今後の展開が楽しみな内容です。

江口洋介、内野聖陽、上川隆也、この3人が出ているだけでも、
見ものですよね。

一方、地上波のドラマは、大手事務所と代理店の思惑だけで
成り立っているような駄作ばかりだし、なにかといえば韓流がはびこっている始末だし・・

うーん、もうまともなドラマは、タダでは見れないということなんでしょうかね。

視聴者は蚊帳の外の民放と、良いものを作って加入者を獲得したいWOWWOW・・
その差は、やっぱり違いますし、そのまま作品に現れているということでしょうね。


個人的には、やっぱり私のイチオシの福田麻由子ちゃんが
今度は、ホームレスの少女役で出演しているのが注目点です。

今度こそ、彼女の才能の片鱗を見せてくれることを期待します。
良いシーンお願いしますよ・・・




 ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
[ 2011/10/03 00:10 ] ドラマ | TB(0) | CM(0)

「ラストマネー・愛の値段」はなかなか面白いです

伊藤英明が、保険会社の査定人を演じる「ラストマネー・愛の値段」

NHKのドラマ10シリーズは、これまでも「八日目の蝉」「セカンドバージン」
「下流の宴」など、質の高いドラマを放送してきましたが、
今回は、保険金を巡る人間模様を、サスペンス風に描いています。


脚本 武田有起・渡辺啓 P大加章雅・橘康仁 音楽・林ゆうき
<キャスト>
伊藤英明 中丸雄一 松重豊 田畑智子 田中哲司 伊武雅刀 夏八木勲 高島礼子 他

主人公・向島朔太郎(伊藤英明)は、清和生命の保険金査定部に勤めている。
問題のありそうな支払い請求に対し、調査を含めて査定する「特殊案件調査グループ」に所属。
保険金目当ての殺人や病院ぐるみの保険金詐欺にはじまり、
不正申告や自殺者への支払いなど様々なケースを調査員の如月(松重豊)と共に調べ上げ、
支払いの可否を決定する・・・。

無題

保険金詐欺といえば、古今東西、ミステリーにたびたび登場する
題材ですが、査定人を、真正面から取り上げたドラマは、
これまでにはあまりなかったと思います。

その調査過程が、スリリングで、ミステリーを観ているようで、
なかなか面白い。

毎回金に取りつかれた人間の嫌な部分を描いていて、
暗くなりがちですが、どこかにホッとなるシーンがあって、
それが救いとなっていますね。

今回の第3話でも、夫婦、愛人がぐるになった保険金詐欺の話でしたが、
殺された男性の娘には、しっかり保険金が下りたのが救いでした。

1話完結ですが、通して描かれるのが、主人公の先輩(田中哲司)と
その不倫相手(高島礼子)の関係。

初回で、その先輩の葬式シーンがあって、その死に、不倫相手が
関わっていそうな感じなので、真相がどうあばかれていくのかが
これからの見ものです。

伊藤英明が、過去にトラウマを抱えた、冷静でクールな査定人を好演しています。

まるで探偵顔負けの観察眼で、保険金詐欺をみぬいていきますが、
どこかに人間味を感じさせるのはさすがです。

意外に良いのが、伊藤の後輩役の、KAT-TUNの中丸雄一です。
正義感のある熱血漢を、独特の雰囲気で演じています。

ともすれば、熱くなりがちで、浮き上がりそうな役ですが、
どこか飄々として、伊藤英明といいコンビになっていますね。

あまりドラマでは観ていませんでしたが、これからが楽しみな俳優ですね。


それにしても、こういうドラマは、やっぱりNHKでしか無理なんでしょうね。
そりゃ、保険会社が舞台なんですから、民放じゃあね・・
なんせ保険会社はメインスポンサーの一つですもんね。

なんだかんだいっても、NHKには、それなりの価値はある、
ということでしょうね・・・

(主題歌です)



ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
[ 2011/09/28 00:17 ] ドラマ | TB(0) | CM(0)

「謎解きはディナーのあとで」が連ドラ化

「2011年本屋大賞」を受賞した、東川篤哉のベストセラー
「謎解きはディナーのあとで」が、桜井翔、北川景子の主演で
連続ドラマ化されるらしい。

このような無謀ともいうべき企画をしたのは、
またまた、やってくれますね、あのフジテレビさんです

ここでも配役ありきで考えているとしか思えませんねー

この二人で、あの小説世界を作れるとは、とても思えませんが・・・

あの小説は、事件の内容、謎解きの意外性、ストーリー展開の面白さの他に
最大の魅力は、大富豪のお嬢様で、刑事でもある麗子と
その執事兼運転手の景山のコミカルな会話にある。

imagesCARAPUCP.jpg


もう有名になった「お嬢様の目は節穴でございますか?・・」に代表される
景山の毒舌など、その会話劇のテンポが、この作品には欠かせない。

それを、桜井翔はともかく、北川景子に求めるのは酷でしょうね。

これまでの作品を観る限り、役者としてはセリフ回しが
決定的にダメな女優さんだと思います。(見た目や雰囲気はいいんですけどね)

桜井翔も器用なタレントだと思いますが、この役に関しては
イメージが違いますね。
景山はもっとクールじゃあないとね・・

imagesCACMFV9D.jpgimagesCAAD1WQZ.jpg


まあ、今どきのテレビドラマの例にもれず、小説の人気と、設定だけを頂いて
後は、局側で、都合のいいようにいじくり倒した挙句
全く別もんの、いつものお子ちゃまドラマになりそうなんですが

それに、フジテレビのことですから、絶対、強引に「韓流」を絡ませてきますよ。

「お嬢様、また韓流ドラマを観てるのですか・・」なんぞという具合に

これだけは間違いないと思いますがね・・


又私の好きな小説が、ドラマの餌食に・・・
せめて観られるもんにしてくださいね。

【送料無料】謎解きはディナーのあとで

【送料無料】謎解きはディナーのあとで
価格:1,575円(税込、送料別)



ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
[ 2011/08/19 16:50 ] ドラマ | TB(0) | CM(0)

「金八先生」ついに終了に・・・

武田鉄矢が中学校教師を演じて一世を風靡した
「3年B組金八先生」がついに終了するらしい。
(3月下旬に放送する「3年B組金八先生ファイナル」)

まあ最近は視聴率がいまいちだったので
仕方のないところやろうね。

いろんな問題を解決してきた金八も、
最近の中学生には通じなくなったんかな・・

おやじ世代にとっては、特別なドラマで、
15歳の母、校内暴力(腐ったみかんの方程式やね)ets・・
その時の若い世代にとって、金八の言葉や授業は影響を受けたもんやけどね。

生徒役も思い出すだけでも、近藤真彦、田原俊彦、野村義男(たのきんやね)
三原順子(今や代議士さん)杉田かおる(今や・・)
最近でも亀梨和也、上戸彩、福田沙紀・・いっぱいいすぎです

各世代に影響を与えたお化けドラマだったことは、間違いない。

それだけに金八の終了は、一つの時代の終わりなのかもしれない、さみしいけどね。

それにしても金八が定年か~、年を取るわけやね・・・

(掘り出し物です)



ランキング参加中よろしければ
 ↓


人気ブログランキングへ
[ 2011/01/22 10:21 ] ドラマ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替