テレビおやじの不満足日記

テレビ、映画、ニュース他・・・ナニワのおっさんが感じたこと
テレビおやじの不満足日記 TOP  >  仁

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「JINー仁ー

2009年放送時、その出来の良さに大好評を博した
「JIN-仁ー」の続編。

まだ初回だが、そのクオリティは変わらず、
2時間があっという間に過ぎた。

主演の大沢たかお(南方仁役)をはじめ、前回の共演者が集結。
綾瀬はるか(橘咲)・中谷美紀(野風・友永未来)・内野聖陽(坂本龍馬)・小出恵介(橘恭太郎)・
桐谷健太(佐分利祐輔)・小日向文世(勝海舟)

そして新キャストとして、幕末の重鎮・西郷隆盛役に藤本隆宏。
佐久間象山役に市村正親。中岡慎太郎役を市川亀二郎。皇女和宮役を黒川智花
新撰組局長・近藤勇役をTHE BOOMの宮沢和史。
架空のキャラクターとして長州藩出身の武士・東修介役を佐藤隆太が演じる。

imagesCA177BIP.jpg

とにかく熱い熱い2時間だった。
これでもかと畳み込まれる感動エピソードに
胸が熱くなりっぱなしだった。

とにかく出てくる人々が、懸命に生きている。

その「生」を真正面からとらえたこのドラマが
今この時期に放送される意味は深い。

後半、坂本竜馬(内野聖陽)が仁(大沢たかお)に向けて言う

「死んでいった人々に報いるのは、又生まれてきたいと思える国にすることだ」

という言葉は、そのまま今復興に向かわなければならない、
日本国民である、私たち一人一人に響くメッセージだった。

いやーこのドラマは別格だ、
日々ぐうたらに生きている私には、観るのに覚悟がいりますな・・




ランキング参加中よろしければ
 ↓          ↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2011/04/17 23:28 ] | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tosi

Author:tosi
名前 : tosi
性別 : 男性
現住所 : 大阪府
自己紹介 :
大阪在住のおやじです、皆さんのご感想をお聞きしたいです。コメントをお待ちしてます。

最新記事
QRコード
QR
ブログランキング
ポチッとおねがいします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ


夢見る外国為替